2種類の味わいが楽しめるホットスムージー

写真拡大

永谷園は、若い女性に人気の高いスムージーをお湯やあたたかい牛乳を注ぐだけで手軽に味わえる「ホットスムージースープ」を開発し、2015年8月17日に「緑のやさい」と「赤のやさい」を全国で新発売する。

「緑のやさい」と「赤のやさい」

16種類の野菜と1種類の果物のホットスムージーをお湯またはあたたかい牛乳を入れるだけで簡単に味わえる粉末タイプのホットスムージースープの素で、"ふわっ""トロッ"とした食感が楽しめるという。

若い女性を中心に人気の高いスムージーだが、冷たいドリンクであることや多種類の食材を揃える必要があり、「作るのに手間がかかる」「食材を揃えるのが面倒」「寒い時期には飲まない」などの理由で、スムージーを飲まなくなった・飲まないという意見が多いことを背景に、寒い時期にも手軽に楽しめるスムージーとして開発したという。

「緑のやさい」はほうれん草など緑の野菜を中心に、クリーミーでまろやかな味わいに、「赤のやさい」はトマトの酸味とにんじんの甘さをベースに、セロリの爽やかな味わいをアクセントに仕上げた。

希望小売価格は各230円(税別)