ネットで進化する(笑)の表現方法:Facebookの調査結果

写真拡大

英語圏の人々がインターネットで使う「(笑)の表現方法」は進化している、とフェイスブックの調査チームが発表した。どんな人が、どういう笑いの表現を使っているかを彼らが分析した結果を紹介。

「ネットで進化する(笑)の表現方法:Facebookの調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ネット上の文字で〈笑い〉を表すとき、「haha」「hehe」「lol(Laugh out loud)」のどれを使うだろうか? わたしはlol派だが、体がよじれるくらいの本気の大笑いを表したいときには、キーボードで「HAHAHAHhahajakakjahaahkajkjjsdhfkajdsfk」と打ち込むことにしている。

オンラインでの笑いの表し方の好みなんかに意味はないと思うのなら、考え直したほうがいい。フェイスブックの調査チームの投稿によると、「ネットでの笑いの表現方法は進化している」のだから。同チームは2015年5月末から、Facebookで人々が使っているデータを分析してきたのだ。

冒頭のグラフを見ればわかるように、ネットでの笑いの表現方法として現在最もよく使われているのは〈haha〉(51.4パーセント)で、次が〈絵文字〉(33.7パーセント)だ。

チームはさらに、どんな人が、どのような種類の笑いを使っているかを調べている。その結果から、年齢や住む都市によって、笑いの表現方法の好み異なることがわかる。

年齢別で見た笑いの表現。絵文字を使う層は若く、lolを使う層は年齢が上であることがわかる。

米国の都市別での利用頻度。シカゴやニューヨークの人は絵文字を好み、シアトルやサンフランシスコの人はhahaを好む。

また、hahaやhehe、「hahaha」や「hahahahahahaha」、さらに「hahahahhhhahahahaha」(hahaの長いヴァージョンだが途中で綴りを間違ったもの)は、同じ種類に属するように見えるが、それぞれが表しているものは微妙に違うと彼らは考えている。

6文字のhahahaもまた、非常によく使われる。一般論として、hahaを使う人は、より長い笑いの表現を使う。hahaを使う人は、heheを使う人と比べて、文字の数や並び順へのこだわりも少なく、「hahaa」や「hhhhaaahhhaa」というものも時折見かける。

lolはほとんどいつもこのかたちで使われているが、「lolz」や「loll」という変種もたまに見受けられる。絵文字は、ひとつだけが使われるケースが50パーセント。同じ絵文字が5つ以上続けて使われるのは極めてまれだ。

より詳しい分析結果については、調査チームの投稿を見てほしい。

TAG

EmojiFacebookLaughterWIRED US