グーグルの再編成:新会社「アルファベット」の狙い

写真拡大

グーグルの創業者ラリー・ペイジは、グーグルを傘下に収める親会社「アルファベット」を設立した。インターネット事業はグーグルが継続し、複数のヴェンチャープロジェクトを、アルファベットへスピンオフさせるという。

「グーグルの再編成:新会社「アルファベット」の狙い」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは自社組織を再編成し、グーグルが取り組む野心的なプロジェクトのいくつかを、「アルファベット」という名前の新会社の傘下にスピンオフした。

グーグル創業者のひとりラリー・ペイジは、8月10日午後(米国時間)のブログ投稿でこう述べている。「新会社アルファベットは、企業の集まりといえるだろう。そのなかの最も大きな企業は、もちろんグーグルだ。この新生グーグルは、前より少しスリムになった。われわれの主流であるインターネット製品とはかかわりのない企業が、グーグルではなくアルファベットに含まれるようになったからだ」

グーグルは、GoogleマップやYouTube、ChromeにAndroidといったインターネットサーヴィスの運営を引き続き行う。その一方で、「Google X Lab」や、医療プロジェクト「Calico」のような「ムーンショット・プロジェクト」(月旅行のように野心的なプロジェクト)は、グーグルから独立して運営されることになる。

ペイジは、アルファベットの最高経営責任者(CEO)に就任する。そしてグーグルのもうひとりの創業者セルゲイ・ブリンが、同社の社長を務めることになる。グーグルの会長エリック・シュミットは、アルファベットの会長に。そして新生グーグルのCEOは、長い間ペイジの“副官”を務めてきたサンダー・ピチャイ上級副社長が引き継ぐという。

「われわれは今回の再編成によって、基本的に経営規模を向上できると考えている。インターネット事業とはあまり関係のない事業を、独立させて運営できるようになるからだ。アルファベットは、強力なリーダーたちと協力して、それぞれ独立した事業に注力する組織となる」。ペイジはブログでこう続けている。

「大まかに言えばアルファベットのモデルは、CEOがそれぞれの事業を運営し、セルゲイとわたしが、必要に応じて彼らをサポートするというものだ。われわれは資本配分を厳正に行い、それぞれの事業がうまく進行しているかどうかの確認に尽力する。そして各事業に最適なCEOが就いているかどうかを見極め、彼らの報酬を決定していく」

ペイジの投稿によると、アルファベットでは、いずれはグーグルの利益をほかのスピンオフした企業と分けて発表する予定だという。

グーグルが米証券取引委員会に提出した報告書によると、アルファベットは最終的に、NASDAQ証券取引所上場の株式公開会社としてグーグルに取って代わり、グーグルの全株式がアルファベットの株式に転換されるようだ。アルファベットの株は引き続きNASDAQで取引され、これまでと同じGOOGLとGOOGの銘柄コードが使用されるという。

TAG

AlphabetBusinessGoogleWIRED US