炎天下で待ちぼうけだと恋も興ざめ!?恋に効く待ち合わせで使いやすいレストランをご紹介。



異国情緒を感じさせるワインと料理の店
『バル マラケシュ』

神保町


神田神保町一丁目奇数番地エリアにある『バルマラケシュ』。

同店があるエリアはかつて「神田村」と呼ばれた、書籍・雑誌の小規模取次店が数多く並んだ界隈。2003年に再開発が完了し、その数は減ったが、まだいくつかは残る。

そんな、とある本の仲卸店倉庫を改造した店舗は、1階奥のキッチン前と手前ドリンクスペースとにカウンター席、2階にテーブル席を有する。



子羊モモ肉のタルタル タイムのアクセント。子羊のパンチある風味に、塩気と酸味をきっちり効かせて

吹き抜けとなった手前ステンレス製コの字カウンターはスタンディング席。ハイスツールの用意もあるので、時と場合に応じて、自由な展開が可能な空間だ。ふたりで立ち呑み、グループでテーブル席と、お客側も自在に使い分けができる。

ワインは、スペイン、モロッコ、クロアチア、レバノンなど、ヨーロッパ、アフリカ、中近東にわたる多彩なリストを揃える。ボトル、グラスを用意し、レバノンやチュニジアの蒸留酒なども置く。

寄り添う料理は、異国情緒あるワインの香りと厚みのある味に負けない、スパイシーかつ塩気をきっちり利かせたパンチあり系フレンチだ。新しい味を気軽に楽しむために立ち寄りたい一店である。



ひな鶏のフリカッセソテー キノコとクリィムのアニス風。メリハリある味でごはんはもちろん、酒も進む。仕入れ状況などにより、メニューは異なる。写真は一例


女子が誘われたら喜ぶ、表参道の“あの”レストラン



実は立ち飲みスペースあり!満席DNA健在『シカダ』

表参道


表参道の『シカダ』はよく行くという方も多いのでは。でもちょっと待って! ここに立ち呑みスペースがあること、ご存知でした?

建築家・芦原義信が1965年に手がけた建物はエントランスからして堅牢。ベーカリー『ブレッドワークス』、カフェ『クリスクロス』を横目に見つつ、すーっとそのまま『シカダ』正面玄関に入ろうとしたアナタ、ノンノン、その向かいに顔を向けてみて?



アンチョビとローズマリーでマリネした骨付き仔羊のグリル。がっつり肉料理もサクッといただける

ウッドのカウンターがどかーんと鎮座ましましてるじゃないですか。メインダイニング同様、無駄な照明を配さず、夜と親和性が高い造りだから、見落としてたとしても許してあげます。

お酒、料理共に、メニューはほぼ店内と同一。しかも予約不要。急に『シカダ』行きを思い立ち、相も変わらぬ満席通告を受けたとしたって、がっかりしないで。いえいえいっそ、ここを一直線で目指すことこそが吉かも!



ひよこ豆のディップ“ハムス”。シカダ定番の味は、ビールと一緒に。手が止まらなくなること請け合い

料理は安定感ある地中海料理。ワインはスペイン、イタリア、ギリシャ、レバノンなど多彩に120種以上。

サクッとでもがっつりでも使えるイカした場所を占拠してるのは、もっぱらテンション高い外国人たちだとか。とっとと我らが手中に、素敵陣地を奪取して!


ワイン好きの彼女も悩殺する銀座のバー



ディスペンサーにないシャンパンなどは、カウンターからオーダー可能だ
ワイン好きを悩殺する贅沢すぎるラインアップ『GOSS』

銀座


食前酒に、ワインを選んでもいい。24種類もの銘柄が日替わりで並ぶバー『GOSS』は、ワイン好きにとって、ひとつの理想形である。

ここでは、ボトルに窒素を充填するワインディスペンサーを導入しているため、酸化が進みにくく、貴重なワインもグラスで楽しむことができる。

また、普段はなかなか手を出すことができない、オーパスワンやバローロのビンテージにまでお目にかかれるのも大きな魅力。

ワインに合わせる料理にも力を入れており、アペに最適なのはもちろん、食事の場所としても最上級のクオリティーを発揮する。タスマニア産の生ガキを、数種類から選べるシャンパンと合わせて味わおう。

女性に椅子をすすめ、男性はスタンディングスタイルでセクシーにいただきたい。



タスマニア産の生カキは1ピースからオーダーできる



映画007シリーズで、ジェームズ・ボンドが愛飲するボランジェロ。生カキと相性が良い


最後は、数寄屋橋ならここ!あの有名バーの暖簾分け店



常連のアドバイスで光量を抑さえた居心地の良い店内
伝統の暖簾を受け継ぐ大人の社交場
『数寄屋橋サンボア』

銀座


サンボアといえば言わずもがな、日本のオーセンティックバーの代名詞。大正7年から続く暖簾を掲げるには、10年以上の修業とサンボア全店のオーナーからの推薦が必要だという。この厳しい掟をクリアしたのが、この『数寄屋橋サンボア』だ。

銀座では珍しく路面店のバーなので、待ち合わせには入り口横の窓際が最適。落ち合えた後は、他のゲストに場所を譲り、奥へ移動する気遣いも忘れたくない。



バックバーにはウィスキーが充実



左.食前酒の定番ネグローニ 。ほろ苦い甘さが食欲をかき立てる 右.名物氷なしのハイボール。まずはこの一杯から