ずっと大切に残したいものを探しに。OZmagazine最新号「懐かしい場所」特集

写真拡大

いよいよ夏本番。響き渡る蝉の声や風鈴の音、浴衣で花火に、キーンと冷えたかき氷など、なぜだか夏にはどこか懐かしくて、ほっとする瞬間がたくさん。OZmagazineが提案する「今月のよりみち」は、懐かしくっていつまでも大切に残したいものを探しに出かけること。ナポリタンやクリームソーダなど見逃せないなつかしグルメや、乙女のための喫茶店案内。さらに昭和の雰囲気にどっぷり浸れる居酒屋や、優しい笑顔で包み込んでくれるおばあちゃんインタビューも! 今年の夏はほっとひと息。OZmagazineを片手に、古きよき東京を再発見する、レトロさんぽに出かけてみては?◆未来に残したい、懐かしいものコレクション


意匠が美しいレトロ建築や古民家、縁日と浴衣の風情、昔ながらの銭湯や遊園地…。ずっと残しておきたい、東京のレトロかわいいものをキーワードごとに紹介!

写真)毎月縁日がある都内のお寺・神社もたくさん。夏の終わりに浴衣ででかけよう

◆ほおばれば、あの頃を思い出す 愛しのなつかしグルメ


クリームソーダやコッペパン、ナポリタンなど、いくつになってもひとくち食べたら子供に戻って心がときめく。そんな魔法がかかったかのような、なつかしグルメが登場

写真)栄屋ミルクホールの醤油味ラーメンは透き通ったスープが魅力。受け継がれてきた味はシンプルだけれどくせになるあっさり味

◆昭和ワンダーランドな喫茶店・居酒屋案内


古きよき昭和を感じる喫茶店や、元気いっぱいの居酒屋の中から、特に女子におすすめの店舗を紹介。喫茶店主の趣味爆発のインテリアや個性派メニュー、乾杯の声が聞こえてきそうな活気あふれる酒場にはまっちゃおう!

写真)プリンアラモードやクリームソーダ、乙女心くすぐる喫茶店デザートも魅力的

◆東京レトロに会える街はこの5つ


昔ながらの建物や暮らしがいちばん残っている街、谷根千をはじめ、"古きよき"に出会える街のレトロさんぽガイド。浅草の人情、西荻の昭和、下北の文化、北千住の銭湯などなど、残したい東京をたっぷりと!

写真)今年誕生した谷中の「上野桜木あたり」は、昭和生まれの三軒長屋を改装。昔ながらの空間に、パン屋やビアバーが

◆おばあちゃんと話せば、きっと笑顔に


優しい笑顔に会いたくて、今日も現役で頑張る6人のおばあちゃんにインタビュー。大変なことを乗り越えたからこそたどり着いた、人生のヒントと元気をもらって

写真)江戸時代から続く駄菓子屋「上川口屋」。13代目店主・石山雅代さんがお店を守っている

遠い記憶が、あたたかい人のぬくもりが、よみがえる懐かしい場所。古くから大切に受け継がれてきた場所やものには、きっとものさしでは測れない、時間のぬくもりや記憶が宿るのではないでしょうか。場所が、ものが、空気が、時が、変わらずに静かに内包している、大切なものを探しに出かけましょう。この夏、あなたが残したいと思う、懐かしい場所はどこですか?(OZmagazine編集部K)