「暑い日が続いて夏バテ気味、夏休み前で忙しくストレスもマックス!」という方におススメしたいのが体と心の緊張をほぐす簡単エクササイズと入浴法。エクササイズは場所や時間を選ばず気軽にできますし、入浴法をプラスすればさらに効果がアップします。

ストレスがたまると体はどうなる?

忙しい毎日で休む暇もなく疲れやストレスはたまる一方。そうなると体は疲れやストレスに立ち向かおうとして交感神経のはたらきが活発になります。筋肉が緊張して、心拍数が上がり、神経が敏感になります。手足などの血流は低下するので、手足が冷えたり、肩のコリを感じたり。イライラや不安などが起こって精神的に落ち着かなくなり、体にもさらに疲労やストレスがたまっていきます。

リラックス状態を作る簡単エクササイズ

リラックスした状態を作るためには、副交感神経の活動を高めなければなりません。筋肉に最大限に力を入れて、急に脱力することで副交感神経が活発に動き始めます。全身のリラックス効果を高めるためには次のようなエクササイズをするとよいでしょう。

足を肩幅に開き立ちます。全身の力をぬきます。目をギュッと閉じます。両肩をぐっと上げて、両手をしっかり握ります。3秒キープした後に、一気に体を緩めます。これを10回程度繰り返すと体の緊張がほぐれてリラックスできます。バスタイムを利用してリラックス

夏は38℃〜40℃のお湯に浸かるようにしましょう。ぬるめのお湯は副交感神経の活動を高めます。ラベンダーやカモミールなどのハーブのエッセンシャルオイルを数滴たらしてから入浴するとさらにリラックス効果がアップ。入浴しているときにオススメなのが、ヨガの呼吸法をとりいれること。鼻から息を吸い込んでおなかをふくらませ、口からゆっくり息を吐いてお腹をへこませてみてください。目を閉じて3分くらい呼吸に集中してみてください。気持ちが落ち着くだけでなく、消化器のはたらきを活性化したり、ダイエット効果も得られます。そして入浴の最後は冷水シャワーを足元から全身に浴びましょう。体がクールダウンするだけでなく、その後は血行がさらによくなり、ゆっくり眠れるようになります。


writer:松尾真佐代