マイコンBASICマガジン(ベーマガ)イベントのチケットは8月14日発売、3000円から

写真拡大

本誌でも先日お伝えした、雑誌『マイコンBASICマガジン』休刊12年目にして初となる大規模な(元)読者向けイベント『ALL ABOUT Micom BASIC Magazine』。「後日公開」とされていたチケット購入に関する詳細情報が発表されました。販売はオンライン販売サイトpeatix経由のみで、開始時間は8月14日(金)昼12時からの予定。販売ページが発売開始まで非公開となっているため、SOURCEリンクにある公式サイト経由でご確認ください。チケットは2種類で、おみやげ付きの良席「VIP席」が5000円、自由席「A席」が3000円。実際の席は指定方式ではなく、種別ごとに分けられた自由席形式です。なお現状では、6枚までの複数席購入にも対応します。再度確認しますと、開催日は2015年11月8日(日)の昼14時〜18時(開場予定は13時)、会場はEngadget例大祭などでもおなじみ、秋葉原のアーツ千代田3331です。イベント発表の際は、「イベント参加は有料である」と発表されてはいたものの、チケット販売の予定は8月上旬(つまり後ほどの)発表とされていました。今回はこのチケット販売方法と価格がアップデートされたことになります。(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

ようやく発表できました。皆様、よろしくお願いいたします。

Posted by 山下 章 on 2015年8月7日
イベントの内容をおさらいしますと、これはベーマガこと、雑誌『マイコンBASICマガジン』の休刊から12年目にして初めて開催されるトークショー。雑誌休刊後の読者イベント、さらに12年も経過しての開催というのは異例中の異例ですが、これは同誌の読者や「出身者」からの根強い人気があっての賜物。総合司会は同誌ゲームライターでもある山下 章氏で、企画と制作は山下氏が代表を務めるスタジオベントスタッフ。膨大なデータを網羅するゲーム攻略本などでも定評のある会社です。ゲストも当時のライターやプログラム投稿者の方々、さらに誌面上ではキャラクター化していたことから知名度は高いものの素顔は非公開だった(当時)編集者の方々など、非常に豪華。登壇が決まっている「編さん」「影さん」といった編集者の方々の素顔が(おそらく)確認できる点をはじめ、いまだからこそ話せる内容も大量に出てきそうな布陣です。より詳細なイベントの内容や経緯の詳細、そしてなぜベーマガが休刊12年目でもここまで人気があるのか......といった点については、発表当時の記事を参照ください。ベーマガことマイコンBASICマガジンが休刊12年目で初イベント開催。出身者や編集者が集結本誌でも元読者を中心に大きな話題となったこのイベントですが、チケットの購入時期と価格が決まったことで、順当に開催へと歩みを進めた印象があります。チケット販売開始タイミングはコミックマーケット88の1日目の最中、という一部の方には厳しそうなタイミングではありますが、本誌や他誌に対するツイートなどを見ていると、既に熱心な思いの参加予定者も多数いる模様。チケットの購入は慎重に行ったほうがよいかもしれません。