PlayStation Now国内テスター募集、要5Mbps以上の安定回線。PS3作品をPS4/PS Vitaにストリーミング

写真拡大

ソニーがストリーミングゲームサービス PlayStation Now の国内向けテスター募集を開始しました。テスト参加者に選ばれたプレイステーション4 または PS Vita ユーザーは、『ICO』『TOKYO JUNGLE』など4作品のプレイステーション3タイトルを、クラウド上のサーバからストリーミングでプレイできます。 PlayStation Now (PS Now)は、2014年の E3 プレスカンファレンスで北米向けベータが発表されたストリーミングゲームサービス。ソニーの運営するクラウドサーバ上でゲームを走らせ、結果を映像としてPS4などのゲーム機で受信して遊びます。ソニーはPS3の時代からPSPに映像を飛ばすリモートプレイを提供してきましたが、母艦が自宅のPS3ではなくクラウド上のサーバになったイメージです。利点のひとつは、プレイステーション4やPS Vitaでプレイステーション3ゲームなど、対応していないプラットフォームのゲームが遊べること。クライアント側となる機器はネットワーク接続とストリーミング動画の再生、コントローラ入力の送信ができれば良いため、仕組みとしてはゲーム機なしでテレビにコントローラを接続して遊んだり、携帯機で最新据え置きゲーム機のタイトルを遊ぶこともできます。またゲームソフトをダウンロードする必要がなく、 多数のタイトルから選んで即座に遊べること、原理的に本体はクラウドにあるためタブレットやゲーム機などクライアントを変えて同じゲームの続きが遊べることなど。一方でストリーミングのため映像の圧縮・転送・展開にどうしても遅延が発生すること、遅延した映像に反応したプレーヤーのコントローラ操作もサーバに届くまで時間がかかることから、アクションゲームなどで重要なレスポンスのためには、サーバが物理的に近くにあり、ある程度レイテンシが低く帯域が太い回線が必要になります。PS Nowは北米では順次サービスを拡大中ですが、全世界に一気に展開できず国内テストまで時間がかかった理由にはこうした原理的な制約もあると考えられます。今回の国内向けテストの目的は、一般から参加者を募りユーザー環境におけるストリーミング品質を確認すること。参加には、・PS4 / PS Vita / PS Vita TV のいずれかを持っていること・応募 (デジタル参加申し込み権をPS Storeでダウンロードする)時点で PS Plusに加入していること・下り5Mbps以上の安定したインターネット回線があること (PS Vita除き有線推奨)・不具合が発生した場合、報告に協力すること・参加規約に同意することのすべての条件を満たす必要があります。テスト対象のゲームは

『ICO』『パペッティア』『TOKYO JUNGLE』『The Last Guy』の4作品。募集期間は8月11日午前10時から8月16日23:59まで予定。PlayStation Storeから、『PlayStation Nowユーザーテスト参加申し込み券』を無料ダウンロードすることで応募が成立します。実施期間は8月20日から9月8日まで予定。当選者には、8月20日、8月27日、9月3日の3回に分けてメールで通知します。詳しい規約などはリンク先をどうぞ。