『神秘の球体 マリモ―北海道 阿寒湖の奇跡』より

写真拡大

小さな子どもを持つママも、気軽に覗ける映像祭

<グリーンイメージ国際環境映像祭>は昨年から始まった、まだ若い映画祭。

【写真】「グリーンイメージ国際環境映像祭」注目作を見る

環境がテーマとなると、お堅いイメージを抱かれそうだがご安心を。

映画祭全体から感じられるのは、“環境について興味をもってもらうきっかけの場”といった大人から子供まですべての人に扉が開かれたもの。

実際、こういう映画祭では珍しく来場者は映画ファンや関係者よりも、一般が大半を占める。

作品も自分の身と重ねられるテーマをもったものが選出され、そのことについて一般の人も専門家も気軽に語り合える場が提供されている。

いい意味で、環境の現在を知る入口といった存在。

さまざまな人が集うことで、あまりこういった映画祭に参加しない小さな子どもをもつママをはじめとした女性も気軽に覗ける雰囲気がある。

グリーンイメージ国際環境映像祭実行委員会 事務局長の尾立愛子さんも東京開催をこう振り返る。

「昨年は環境に興味のある人やある団体で活動している、いわば環境の専門家のような人が多かった。でも、今年はこれから有機農業を始めたい人とか、今の環境事情を知ってみたい人など、一般の層が増えました。年齢も20代から80代までという幅広さ。“前回よりも人の輪がより広く、大きくなりましたね”といってくださる人もいて、私たちが目指す形になってきたかなと思っています」

人間らしい生活とは?

では、どんな作品が上映されているのか? 

すでに終了した本開催となる東京会場で上映されたのは全11作品。全作品を通して世界で起きている大問題から、自分のすぐそばで変わりつつある変化まで、大人も子供も環境について関心を寄せられる作品がラインナップされている。

その中からいくつかピックアップして触れたい。

イタリアのエンリコ・チェラスオーロ監督が手掛けた『Last Call-科学者たちの警告』は、40年前に発表され、環境保護運動について書かれた書籍「成長の限界」に着目している1作。

発売当時、本著は日本でも大反響を呼んだという。

この中で専門家たちが伝えたことを簡単にまとめると、“資源に限りある地球で極限の成長を求めれば必ず破綻する”というメッセージ。

大量生産、大量消費が当たり前になったいま、ここで語られる科学者たちからのメッセージは現代を生きる我々の心に痛いほど突き刺さる。

“人間らしい生活とは?”と、今の自分のライフスタイルについてふと立ち止まって考えたくなるような内容で、これから未来を生きる人への提言であり、エールとも受止められる。

チェラスオーロ監督は「日本はこの著書をもっとも評価した国のひとつ。それだけに今回、日本で上映されることは感慨深い。ひとりでも多くの人にこの作品で語られる地球へのメッセージが届くことを願っています」と言葉を寄せている。

環境問題はすぐ自分の隣で起きるかもしれない

中国のジン・ホァチン(金 華青)監督が制作した『終わりのない道』は、汚染問題にただひとり立ち向かったある母親をクローズアップしたドキュメンタリーだ。

中国のとある村で、製紙工場が汚染問題を引き起こす。

ただ、村にとって重要な産業である工場に、ほとんどの村民は異を唱えることができない。

むしろ擁護の方へと回る。

その中で、あるひとりの母親が家族の心配を振り切って告発に踏み切る。

結果、家族は離散とはいわないまでも関係はほぼバラバラ。

それでも母は恐れることなく再び問題の申し立てに奔走する。

近所でたまたまおきた汚染の問題が、いつしか家族の問題にすり替わって一家が崩壊していく皮肉と不条理。

この作品は、環境問題は人体への影響だけではなく、こういった家族や地域社会のつながり、そこにある生活までをも破壊していってしまうことをまさに物語る。

そのことに思いを馳せたとき、この作品は他人事ではなく、自分の身に寄せて考えられるものになるはずだ。

また、親の子への想い、娘の母への想いが画面から溢れる作品は、一家の肖像を描いた家族ドラマとしても見応えあり。

親の気持ちがわかるようになってきはじめる子世代も、子に心配をかけたくない親世代も、登場する一家の誰かしらに共感するところがあるのでは?

ダムは撤去すべきか

日本でも身近に存在するダムにスポットを当てた『ダムネーション』もまた興味深い作品だ。現在アメリカには約7万5000基ものダムが存在しているが、ここにきて経済面からも環境面からも負の面が大きく、撤去する選択がとられはじめているという。

その結果、すべてがそうなるわけではないが、ダムの撤去で本来の姿を取り戻した河川が出てきている。

本作は、こうなる前からダム撤去を訴えていた人々の活動を通して、変わりつつあるダムの意義について見つめる。

実はこのダムの撤去の動きが出ているのはアメリカだけではない。

日本でも少しずつではあるがその動きが出てきている。

そして、ダムを考えることは、山や川の自然を考えることとも密接につながっている。

私たちの暮らしに欠かせない水の貯水池のイメージにくくられがちだが、実はそうではない違う顔があることを我々はもっと知るべきかもしれない。そんなことを考えさせてくれる一作といっていい。

いま、福島で何が起きているのか?

これら海外作品に対し、日本からは福島に関する力作が届けられている。

『福島 生きものの記録 シリーズ1〜被曝〜』と『シリーズ2〜異変〜』は、原発事故で取り残された家畜やペット、野生動物などに目を向けた。

どちらの作品も放射性物質による汚染が、生きものたちに、ひいては生態系にどんな影響を及ぼしているのかを、長期にわたって記録。

「シリーズ1〜被曝〜」は、被曝の状況について、「シリーズ2〜異変〜」では、その後、あらわになった動物たちの異変について言及している。

定点観測的な視点で福島の生きものを見続けた取材は、単発的ではきっと見過ごしてしまう小さな変化も見逃さない。

増え続ける斑点牛、巨大に生育したタンポポ、奇形が発生するヤマトシジミチョウなど、なんらかの影響があったことでしか説明できない事象が次々と明るみになる。

それはショッキングこの上ない。

でも、原発事故調査や家畜、野鳥などそれぞれ研究者やエキスパートがここで語っていることは、これから生きる人々へのひとつの提言。

子を持つ親ならばしっかりと知っておきたい一般のニュースや報道が伝えない事実がここにはある。

海の生命体の神秘に迫る

また、大人だけではなく親子で楽しめる作品も本映画祭にはある。

ダビッド・ミリエム監督の『ミッドナイトブルー』は、8分間の短編アニメーション。

大海原で暮らすクジラの目を通して、人間の身勝手な行為を見つめていく。

砂絵で表現された映像は、大人よりもむしろ柔軟な発想力を持つ子供の方がさまざまなイマジネーションを膨らますもの。子供にとってはほかの動物から自分たちがどう見られているのか?など多くのことを考えるきっかけになるはずだ。

一方、『神秘の球体 マリモ―北海道 阿寒湖の奇跡』は、北海道の阿寒湖に生息する国の特別天然記念物「マリモ」に肉迫したネイチャー系のドキュメント。

緑色の球体をした藻として知られるマリモは、阿寒湖だけに群生している。だが、実はなぜ丸い形をしているのか? なぜここにだけにいるのか? その理由はいまだ謎のまま。

なんでも生物においても、植物においても進化で球体になるのはありえないことなのだとか。このドキュメントは、その謎に迫ろうと取材班が特別な許可を得て、阿寒湖のマリモの群生地に水中固定カメラを設置。1年に渡る撮影で、今まで謎のベールに包まれていたマリモの生態をはじめて捉えている。子どもが心をワクワクさせる自然の神秘が目撃できる1作といっていい。

山の1年に見る、環境の変化

同じく『そこに山ありて-名峰・鳥海山 神秘の自然』も大自然の神秘を目撃できる。

『神秘の球体 マリモ―北海道 阿寒湖の奇跡』が地中に近い水の底なのに対し、こちらは空に近い山が舞台。

秋田県の日本海沿いにある鳥海山は、標高2000mほどながら、世界的に見ても降雨と降雪量が多い関係で3000m級の山に生息する貴重な高山植物が数多く生息しているそう。

本作では、この山の1年がカメラに鮮明に記録されている。

とにかく四季折々でまったく違う表情を見せてくれる山の美しさ、自然の厳しさと植物の生命力を感じさせる映像がすばらしいの一言。

その圧巻の自然の映像は、大人も子供も目を奪われることだろう。

その一方で手がけた石川岳監督が「この作品の主人公は、山で肩を寄せ合っていきている小さな植物たち。彼らの声に耳を澄ませば、きっと何かが聞こえてくるでしょう」と言葉を寄せるように、これだけの大自然にも確実に環境の変化が近づいていることも伝えている。

厳しい自然の中で健気にそしてたくましく生きる高山植物の姿から、大人も子供も何かしらのメッセージを受け取ることだろう。

ちなみに今後開催される地方上映会では、大阪で『終わりのない道』『ミッドナイトブルー』『そこに山ありて―名峰・鳥海山 神秘の自然 』『福島 生きものの記録 シリーズ 2〜異変〜』『ダムネーション 』、長野と山梨では『Last Call―科学者たちの警告 』が上映される。

環境について関心があっても、これだけ情報が氾濫する中で、何を見ればいいのかわからないという人は多いのではないだろうか? 

その中で、<グリーンイメージ国際環境映像祭>のような存在は、ひとつ入り口になってくれるに違いない。

同時に、なかなか目にすることのない世界の現状に触れる貴重な機会にもなるはず。現段階での地方上映会は大阪、長野、山梨が決定。お近くの方は足を運んでみては?

<第3回 生きている地球の記録 in 大阪〜グリーンイメージ国際環境映像祭入賞作品上映会〜>

期日:8月23日(日)
会場:大阪歴史博物館
参加費:無料・事前申込制 (8月14日(金)締切)

<『Last Call―科学者たちの警告 』上映 in 油やキネマIII>

期日:8月27日(木)
会場:信濃追分文化磁場「油や」スペース710
参加費:1000円

<八ヶ岳環境映像祭>

期日: 9 月 23 日(水)
会場:山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター