テスラの「ヘビ型ロボット」は、EVの充電口を自力で見つけ出す(動画あり)

写真拡大

テスラモーターズは、電気自動車の充電をずっとラクに、そして、ずっと不気味にするであろう触手型ロボットのプロトタイプを公開した。

Charger prototype finding its way to Model S. https://t.co/L9E4MR642G

「テスラの「ヘビ型ロボット」は、EVの充電口を自力で見つけ出す(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

— Tesla Motors (@TeslaMotors) 2015, 8月 6

テスラモーターズのTwitterアカウント(@TeslaMotors)に投稿された動画では、ヘビのような装置が「Model S」の充電口を自力で見つけ、自らの「頭」をそこに突っ込む様子が紹介されている。

創業者のイーロン・マスクCEOは以前、冗談めかして、この充電ロボットのことをこんな風にツイートしていた。「ちなみに、ぼくらはいま、金属製のヘビのような、壁から出てきて接続する充電装置の開発に取り組んでいるんだ」

動画の長さは30秒ほどだが、ロボットがピンポンをしたり光の彫刻をつくったりハードルを飛び越えたりなどといった多くの「ロボット動画」と同じように、興味と恐怖を同時に掻き立ててくれる。

EVの充電を自動で行うシステムは、EVの普及を助けることだろう。けれども、人間の助けなしににょろにょろと充電口を見つけ出すこの触手型ロボットを見ていると、少し不安な気持ちになることを否めない。

TAG

EVRobotTeslaVideoWIRED UK