OBである参加プロの国内ツアー合計勝利数は121勝! 11日(月)に嵐山カントリークラブにて開催された『第1回 日本大学オープン』には、倉本昌弘、丸山茂樹、片山晋呉らの錚々たる面々が集まり、日本大学ゴルフ部、日大付属高校ゴルフ部の学生との交流戦に参加し、刺激を与えた。

 大会後の交流会で倉本は「(現日大ゴルフ部)和田監督が改革をされて、やっと東北福祉大に勝てるという状況(※日大は)になってきた。我々が現役学生で10連覇していた頃に戻っていくんではないかと思います」と挨拶。丸山も「今は松山英樹を筆頭に東北福祉大の卒業生が目立っていますが、日大からもそういう選手が出てきて欲しいですし、東京五輪の時には、日本大学OBが選ばれることを信じてゴルフ部に協力していければと思います」と母校ゴルフ部の黄金時代の復活を願った。
 また片山も「僕らが学生の頃はプロゴルファーと触れ合える機会がなかった。学生にとってはすごくいい刺激になったと思う」と今回の試みに賛同。
 倉本は母校だけでなく、ジュニアゴルファー全体のレベルアップのためシニアツアーが関わっていく必要性があると感じているといい、と日本高等学校ゴルフ連盟と高校生との交流を密にしていく話をした上で、シニアツアーに高校生アマチュア枠を可能な限り用意するという構想も持っているという。
【主な参加プロ】高橋勝成、倉本昌弘、牧野裕、湯原信光、東聡、鈴木享、丸山茂樹、河井博大、片山晋呉、今野康晴、小林正則、田島創志、松村道央、諸藤将次(卒業年順)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ツアーで発見!新ギア】前田陽子がFWで既に使用!『KUROKAGE“XM”』って?
莫大な開発費をかけた『PXG』 日本初上陸アイアンを発見
今度のeggは“飛ばし愛”!PRGRが同社初となる高反発クラブを発表