バリンは必須アミノ酸の一種。肝機能をアップして美肌効果も持ちますが、筋トレや筋肉を使うスポーツをする人に欠かせない成分です。BCAAと呼ばれて、スポーツサプリメントに配合されています。日常的に運動をしている人はバリンの知識を持っておきましょう。

バリンとはどんな成分か知ってる?

バリンはロイシン、イソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。BCAAは腸で作られて筋肉に蓄えられます。筋肉を構成するたんぱく質の中のアミノ酸にはBCAAが多く存在します。バリンは運動するときに体のスタミナをつけますし、筋肉を強化して疲労を回復、肝機能も改善します。バリンには、体の成長を促す、血液の窒素バランスを調整する、アンモニアの代謝を高める、肌のはりを維持するなど様々な効果が期待されます。食欲不振の改善にも効能があり総合アミノ酸製剤に配合されるほか、栄養補給のために点滴や静脈注射にも使われています。

バリンと肝臓の病気との関係

BCAAの一種であるバリンは肝臓の機能を高めます。肝臓が悪い人の血液中のアミノ酸濃度を見ると、BCAAが低く、芳香族アミノ酸(フェ二ルアラニン、チロシン、トリプトファン)が高くなっています。このようにアミノ酸濃度にアンバランスが起こると肝性脳症を起こし意識障害を起こすことも。そのためBCAAを配合したサプリメントなどでバランスを改善する必要があります。また、肝硬変の人は低アルブミン血症が表れるので、BCAAを補給して血糖値を正常に保たなければなりません。

バリンの美肌効果とは

バリンはなんと美肌成分エラスチンの構成成分でもあります。エラスチンは肌の一番深い層である真皮層に存在します。この層にはコラーゲンやヒアルロン酸も存在。エラスチンにはコラーゲンを結合させるはたらきがあり、肌のツヤやハリを保つちます。そのためバリンは美肌にも必須。ちなみにバリンはレバーや鶏肉、まぐろ赤身、たらこ、チーズ、ピーナツ、ごまなどに多く含まれるので、意識して摂るとよいでしょう。運動している人やボディビルダーなど、アミノ酸をサプリメントから上手に摂取している人に肌ツヤが良い人が多いのはこのためかもしれませんね。


writer:松尾真佐代