池松壮亮×菅田将暉で“究極の会話劇”、漫画「セトウツミ」実写映画化。

写真拡大

俳優の池松壮亮(25歳)と菅田将暉(22歳)が、「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中のマンガ「セトウツミ」の実写映画にダブル主演することが決定した。「まほろ駅前狂騒曲」「さよなら渓谷」の大森立嗣監督がメガホンを執る。

本作は、関西の男子高校生、天然な元サッカー部の瀬戸(菅田)と、クールな塾通いの内海(池松)のクールでシニカルな放課後トークが繰り広げられる“究極の会話劇”。舞台は関西の、とある河原。男子高校性2人が放課後にまったりと喋るだけ。ウィットに富んだ台詞、絶妙なユーモアと“間”のセンス。シニカルな「会話」の面白さだけを追求した、超シンプルな内容だ。

本作について、池松は「何だか面白そうなこの作品を、大森監督のもと、菅田くんと2人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています。まだ撮影には入っていないのでどんな作品になるか分かりませんが、でもやっぱり何だか面白そうなの で、楽しみにしていて下さい」とコメント。

菅田も「大森監督のもと、池松さんとただただ二人で喋る映画に参加できる事、心から感謝してます。原作の瀬戸と内海のシニカルなやりとりに嫉妬しました。こいつらオモロ過ぎるやろ、と。現実世界にこんな奴らおったら勝たれへんで、と。原作の世界にある発想やセンスを大切にしつつ、素直に体現し、そこから先はもうどうなるかわかりませんという思いで楽しんでいきたいと思います」と撮影を心待ちにしている。

また、大森監督は「『セトウツミ』の妙にまったりした青春を、池松くんと菅田くんが演じると、どんなことになるのか、今からワクワクしています。ただの青春映画にはならないでしょう。楽しみにしていてください!」とコメントを寄せた。

映画「セトウツミ」は2016年全国公開。