ブレイク必至!『ジュラシック・ワールド』のキュートな兄弟に、結婚について聞いちゃった!
 夏休み映画として大ヒット公開中の、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮による『ジュラシック・ワールド』。そんな中、物語をけん引する兄ザックと弟グレイを演じて人気急上昇中のニック・ロビンソン(20)とタイ・シンプキンス(14)にインタビューしました! 映像革命を起こし、世界中で愛されるシリーズの最新作で、恐竜に襲われるアドベンチャーを体験したふたりは、とっても仲良しでキュートでした。

==========
あらすじ
恐竜たちと触れ合えるテーマパーク、“ジュラシック・ワールド”がついに完成。現場を指揮するクレア(ブライス・ダラス・ハワード)のもとへ、甥のザックとグレイがやってくる。クレアはふたりにフリーパスを渡して自由に見学させるが、秘密裡に行われていた遺伝子操作によって生まれた最強の大型恐竜、インドミナス・レックスが逃走。ザックとグレイは危険区域に侵入し、インドミナス・レックスと遭遇してしまう! クレアは恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン(クリス・プラット)とふたりを探すのだが……。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=327428

==========

⇒【YouTube】『ジュラシック・ワールド』予告編 http://youtu.be/1LAV4_rA75M

◆実生活でもニックは兄で、タイは弟

――役が決まったときの第一声は?

ニック:とても記事には書けないような言葉だよ(笑)。車を運転中だったんだけど、言葉が出てこないくらいビックリした。嘘でしょ! って。シュールな感覚になったし、夢みたいだった。事故を起こさずにちゃんと家に帰れてよかったよ(笑)。

タイ:やった! って言った。お父さんと一緒だったんだけど、「もしかして役が決まったの?」って聞かれたから、「うん」って答えました。

ニック:カジュアルだよねぇ。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=327366

――本作ではザックとグレイの兄弟の絆が育まれていくのも見どころです。ふたりはすぐに仲良くなれた?

タイ:楽に兄弟になれたよ。僕は実生活でも弟なんだけど、ニックは上のお兄ちゃんと似てるんだ。

ニック:僕も実生活では兄。タイも僕の弟たちに似てるんだ。オーディションのときからウマが合っていたけれど、監督が僕たちに撮影前のひと月くらい一緒に過ごす時間を作ってくれたから、より絆を深めた状態で入ることができたよ。

◆将来、結婚したい女性像を直撃!

――球体の乗り物「ジャイロスフィア」に興奮しましたが、ザックとグレイは立ち入り禁止区域に入ってしまいます。観ながら「入っちゃダメ〜!」と思いつつ、でも入ってくれないと物語が進行しないし、と複雑な気分になりました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=327391

ニック:あはは。あのシーンはホラー映画と一緒でやっちゃダメだということをやるからワクワクするんだよね(笑)。ジャイロスフィアについては、実際に物は作ってあるんだけど、ガラス部分は全部編集で足してるんだ。だから僕らは枠組みだけの乗り物に乗ってたんだ。

タイ:強いケーブルでゆっくり丘を引っ張ってもらって、移動しながら撮影したんだよね。

――まだまだ若いおふたりですが、将来はどんな女性と結婚したいですか? またどんな大人の男性になりたい?

ニック:ワ〜オ! すごい大きな質問をしますね。うーん、正直、結婚のことはまだ考えていないけれど、でもやっぱりパートナーとはお互いに信頼関係を持ちたいし、正しい道をお互いが歩めるように導いてくれる人がいいですね。正直な意見を言い合える関係でありたいし、ユーモアのある人がいいな(と言ってから顔を赤くして、しばらく照れまくる)。

ステキな女性は世の中にたくさんいるので……。自分がなりたい男は、いまそれがなんなのかを見極めようとしているところです。ちゃんと自分に誇りを持って、胸を張って生きていきたいし、周りの人を助けられるような人になりたいな。

タイ:結婚? うーん、ちょっと僕にはまだ考えられないよ(笑)。どんな大人になりたいかは、周りの人を助けたいし、演技を続けていきたいと思ってるよ。

<PHOTO&TEXT/望月ふみ>

『ジュラシック・ワールド』は全国公開中
配給:東宝東和 (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment  
オフィシャルサイト http://www.jurassicworld.jp/