皮脂腺の密度がシワが目立つ原因に cba/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 加齢とともに増える「目尻のシワ」や「笑いジワ」は、肌の老化現象の代表的なものだ。 "人生の年輪"とも称される顔のシワは、男性の場合、歳を重ねた魅力として好意的に解釈されることもあるが、多くの女性とっては"加齢の象徴"だ。

 その気になる"シワ"について、7月1日の『Clinical Anatomy』(オンライン版)に「一部の皮膚のシワが他よりも目立つ理由」に関する洞察が掲載された。鹿児島大学大学院医歯学総合研究科の田松裕一氏率いる研究チームによる報告によると、「皮膚の下にある皮脂腺の違いで、目尻のシワよりも額のシワが浅い理由を説明できる」という。

 今回の研究では、顔のシワに関連する因子を探るため、20〜90代の日本人(58人)の死体から皮膚検体を採取。額および目の周りのシワの深さ、腺の密度、真皮の密度を調べた。その結果、額領域では皮膚の下にある皮脂腺が多いほどシワが浅かった。

 額よりも目尻のシワが深い理由は、目尻に皮脂腺がないためだと説明できるという。また、腺の密度が濃いほど真皮層(皮膚の第2層)が厚いこともわかった。

シワを増やしたくない人は「生活習慣の改善」を

 研究グループは、この研究が最終的に"シワ取り治療"の発展につながることを期待しながらも、シワの深さを左右する因子はほかにも多数あると認めている。また、今回の研究は日本人の皮膚にのみ着目したもので、ほかのタイプの皮膚にも同じ傾向がみられるかどうかは不明だという。

 米ウィスター研究所(フィラデルフィア)助教授のAshani Weeraratna氏も、「人種によりさまざまなシワがみられ、シワの少ない人種もいる。そのため、皮脂腺の違いだけが原因だとは考えにくい」と述べている。

 また、カナダ・トロント大学のNitin Chauhan氏は、今回の知見が顔の老化パターンに基づく予想に一致するものだと認める一方、シワを増やしたくない人は「生活習慣の改善」に目を向けるべきだとコメント。皮膚の代謝、毒素処理、栄養の送達および皮膚の弾力性の維持には十分な水分摂取が不可欠で、健康的な食事、定期的な運動、十分な睡眠は、最善な皮膚代謝のために重要だと述べている。

皮膚コラーゲンは塗っても食べても増えない?

 そもそも、皮膚のシワはどうしてできるのだろうか。

 皮膚は3層(肌表面から表皮・真皮・皮下組織)で構成されている。表皮は約0.2mm、真皮でも2mmほどの薄さだ。シワには、主に表皮の機能低下によって発生する小ジワと、真皮の機能低下によって発生する深いシワがある。深刻な深いシワの原因は、皮膚の弾力を保つ真皮層にあるコラーゲンが減少や弾力が失われることによる。

 肌のハリや弾力のもとになるのが、コラーゲンとそれを束ねるエラスチン。そして、これらの隙間をヒアルロン酸が満たしている。そこで「これらの成分を補給すればいいのでは」と考えるかもしれない。

 だが、これらの成分の配合された化粧品を皮膚に塗っても、真皮層が修復されることはない。分子量としては大きいため、真皮層まで浸透しないからだ。 ただし、水分を保持する能力が高いので、表皮層の乾燥は防ぐかもしれないが。

 また、食品として摂取しても、消化吸収の段階でペプチド、アミノ酸に分解され、真皮層にコラーゲンなどがそのまま補給されるわけではない。「コラーゲンを食べてプリプリの肌」という宣伝文句は、残念ながら科学的な根拠がないといえる。

皮膚コラーゲンにダメージを与える紫外線と糖化

 真皮層のコラーゲンは、紫外線にあたると小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌され、皮膚が弾力を失いたるみやシワとなる。そのため、紫外線予防はシワ対策の基本だ。

 そして近年、老化促進の要因として注目されているのが、過剰な糖質が引き起こす「糖化」と呼ばれる現象だ。糖化とは、体内のタンパク質や脂質が糖と結びつき変性すること。タンパク質と糖質が結合すると、「AGEs(終末糖化産物)」という老化物質ができる。

 糖を取り過ぎると、血中に余分な糖が増え、赤血球のタンパク質・ヘモグロビンと結合し、AGEsが発生する。糖化したヘモグロビンは全身に酸素を運べなくなり、体中の細胞が低酸素状態に陥り、新陳代謝が低下。これが進むと、体内のあらゆる部位にあるコラーゲンにAGEsが発生する。

 食事で糖質を取り過ぎると、エネルギー源として代謝されずにタンパク質と結合し、老化が加速するわけだ。糖質を控えることは、肥満や糖尿病の治療だけでなく、糖化を防ぎアンチエイジングにもつながる。コラーゲンを食べるよりも、こちらのほうが有効なシワ対策だろう。
(文=編集部)