「ジュラシック」圧倒的な強さ、日本含め全公開国・地域で1位発進。

写真拡大

シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド」が8月5日、大トリとなる日本での公開日を迎えた。邦画・洋画いずれも注目作が揃う、夏休みイチの激戦区となった週だったが、8日(土)、9日(日)の週末興収ランキングでは、他作品を全く寄せ付けない圧倒的な強さでオープニング興行収入8億4,512万円を記録。初登場堂々の第1位スタートを切った。

また、公開5日間で劇場動員数100万人(107万3,326人)を突破するという快挙も達成。日本でのオープニング興収第1位の結果を受け、本作が公開された69の全ての国と地域において、「全世界オープニング興収第1位」という偉業も成し遂げた。

全国の各劇場では初日から満席が続出。日本上陸を待ちわびていたファンが劇場へ押し寄せ、公開わずか5日間にして累計興行収入は15億円(15億9,413万円)を突破している。本作は大半が3D方式で上映されているほか、同様に天井から床までの大画面で上映するIMAX上映、アトラクションさながらに映画を鑑賞することが出来るMX4D、4DXでの上映を行っており、本作の大迫力の臨場感を実際に体験できることが高い集客力に繋がったようだ。

劇場には「ジュラシック・パーク」を昔、劇場で観た“ジュラシック”世代ともいえる30〜40代の大人だけではなく、親子連れや学生のグループ、若いカップルなど、これまでのシリーズを知らなかった若者層も多く取り込んでおり、今までの映画を鑑賞するという形だけでなく、“体感する”といった新しい鑑賞形態は「本当に映画の世界にいるような気持ちになった」と、口コミで評判が広がっている。