低カロリーでダイエットの味方“こんにゃく”は、カルシウムや食物繊維が豊富に含まれる意外な健康食品だということをご存知ですか?それだけでなく美肌成分として注目されているあの成分も豊富なのです。

低カロリーでヘルシー食材の代表“こんにゃく”の栄養は?

こんにゃくは、こんにゃく芋を水酸化カルシウムや炭酸ソーダであく抜きして作られたものです。もっちりした食感ですが、95%以上が水分でカロリーは100g中7kcal程度。脂質やコレステロールがほとんど含まれていないので、ダイエットにピッタリのヘルシーな食材。ところがカルシウムと食物繊維は非常に多く含まれているのです。特にこんにゃくに含まれている食物繊維は、グルコマンナンという不溶性食物繊維。今このグルコマンナンの健康効果が注目されています。

“グルコマンナン”のスゴすぎる健康効果とは?

グルコマンナンはこんにゃく芋特有の成分です。腸内環境を整える食物繊維ならではの効果はもちろんですが、それ以外にもいろいろな健康効果があります。

コレステロール値を下げる

グルコマンナンには、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。もともとこんにゃくにはコレステロールが含まれていないということもあり、肥満でコレステロールが高めの方には嬉しい食材です。

血糖値を抑制する

グルコマンナンには、糖の吸収を穏やかにする働きがあるので、血糖値の急激な上昇を抑えます。こんにゃくには、炭水化物(糖分)も含まれていないので、血糖値が気になる方でも安心して食べられます。

もちろん便秘の予防にも効果的

不溶性食物繊維のグルコマンナンには、腸のぜん動運動を促して便のカサを増す働きがあるので、便秘の予防にもあります。ただし、食べ過ぎると便が固くなってしまうので、水溶性食物繊維を多く含む、昆布やワカメ、ヒジキなどと一緒にバランスよく食べましょう。

こんにゃく芋には保湿成分“セラミド”が豊富

さらにこんにゃく芋にはお肌の保湿成分セラミドが豊富。化粧品にも使われるセラミドを内側から摂ることができるのがこんにゃくだったのです。ただし、セラミドはこんにゃく芋の皮に多く含まれる成分。普通のこんにゃくは皮をむいて生成した粉で作られているので、セラミドはほとんど含まれていません。こんにゃくの美肌効果を実感したい方は、生のこんにゃく芋を皮ごと潰して作る“生芋こんにゃく”を選んでください。もちろん、生のこんにゃく芋100%のこんにゃくがベストです。


writer:岩田かほり