「日本に奪われた標準時」を取り戻す:北朝鮮が「平壌時間」を導入

写真拡大

北朝鮮は、1910年に日本に併合されるまで朝鮮半島全体が採用していた標準時に戻すため、8月15日から、いまより30分遅い「平壌時間」を導入する。

「「日本に奪われた標準時」を取り戻す:北朝鮮が「平壌時間」を導入」の写真・リンク付きの記事はこちら

北朝鮮は、8月15日(現地時間)から、標準時を30分遅らせた「平壌時間」を導入すると発表した。

新しい北朝鮮の標準時は、グリニッジ標準時(GMT)より8時間半早くなり、韓国や日本と同じ標準時ではなくなる。韓国と日本はいずれも、グリニッジ標準時より9時間早い標準時を採用している(北朝鮮は現在、日本と同様の標準時子午線=東経135度を使っているが、15日からは朝鮮半島を通る東経127度30分を標準時子午線とする)。

BBCの記事によると、今回の導入は、朝鮮解放70周年を記念して決定された、と政府当局者は語っている。新しい北朝鮮の標準時は、1910年に日本に併合されるまで朝鮮半島全体が採用していたものと同じになるのだ。

国営の朝鮮中央通信は、「邪悪な日本の帝国主義者たち」が、「朝鮮の標準時間まで奪う、永遠に容赦できない犯罪行為を敢行した」と書いている

世界各国の標準時を検討し承認する国際的な仕組みは存在せず、現地時間を決定する責任は各国が負っている。こうした自由は、一部で珍しい決定につながってきた。

たとえば中国は、地理的には5つのタイムゾーンにまたがるが、グリニッジ標準時より8時間早い、ひとつの標準時に統一されている。中国全土でこの「北京時間」が採用されており、モンゴルもこれに従っている。

日本はロシアのウラジオストクよりもっと東にあるが、標準時はウラジオストクより1時間遅い。

TAG

North KoreaTimeZoneWIRED UK