写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マダム・タッソー東京はこのほど、10月31日までの期間限定で、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手の等身大フィギュアの展示を開始した。

ロナウド選手は、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表のサッカー選手。年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールを2014年度に2年連続(3度目)受賞するなど、世界最高峰プレーヤーの一人として知られている。

このほど公開した同選手の等身大フィギュアは、レアル・マドリードのユニフォームを着用している。2009年に本人の頭と顔、体を250カ所以上にわたって計測し、2013年に完成させた。イギリス・ロンドン西部にある工房で、彫刻師や色彩師、ヘアドレッサー、スタイリストらが一つひとつ手作業で仕上げた。

展示エリアはスポーツゾーンで、リオネル・メッシ選手をはじめ、三浦知良選手や元サッカー選手のデイビット・ベッカムさんのフィギュアも常設展示している。このゾーンでは同施設オリジナルのサッカーユニフォームを着て写真撮影ができるほか、ペナルティーキックが体験できるアトラクションも設置している。

ロナウド選手の等身大フィギュアは、提示開始前に、サッカー好きの小学生4名とともに撮影を行った。小学生らは、「背が高いし、すごい筋肉!大きい!」「かっこいい!」とフィギュアに興味津々だったという。

The images shown depict wax figures created and owned by Madame Tussauds.

(フォルサ)