ロシア・カザンで行なわれている世界水泳競泳3日目の8月4日。4位となってしまった100m平泳ぎ決勝のあとに渡部香生子はこう口にしていた。

「ちょっと前までは世界の舞台で、100mでメダルを獲るというのはあまりイメージできていなかったことだし......。それでもここまで来られたのは、来年に向けていいステップになったのではないかなと思います」

 そう前向きに話す一方で、表情には悔しさが滲んでいた。最後は3レーンのアリア・アトキンソン(ジャマイカ)をかわしたかに見えたが、タッチの差で0秒01届かない1分06秒43でメダルを逃した。

 1分05秒台の自己ベストまでいかなくても、あと0秒08速く泳いでいれば12年ロンドン五輪と13年世界選手権連勝で世界記録保持者のルタ・メイルティテ(リトアニア)をかわして2位に入ることもできていた。それを考えれば悔しさも増してくる。

 その前日には渡部も、笑顔を爆発させていた。平泳ぎ準決勝のあとにあった200m個人メドレー決勝では、世界記録を樹立したカティンカ・ホッスー(ハンガリー)に次ぐ2位で銀メダルを獲得したからだ。2種目目の背泳ぎ終了時には8位ながらも、得意の平泳ぎで4位まで上げると最後の自由形で猛然と追い込むという執念を見せたレースだった。

「竹村先生からは足が千切れてもいいから頑張って泳いで来いと言われていたので。途中で2番もあるかもしれないと思ったけど、それよりもタイムの方にすごいびっくりしたという感じです。出ても8秒台後半だと思っていて、4秒台まで行くとは思っていなかったので......」

 昨年はパンパシとアジア大会の200m平泳ぎで優勝するなど成長を見せた渡部は、大会前からメダル候補と期待されていた。だが竹村吉昭コーチはそんな渡部のプレッシャーを軽減するため「初出場だった2年前の世界選手権は個人メドレーが準決勝敗退で、100m平泳ぎは予選敗退。だから最低でもそれ以上は行こう」と話していたという。

 大会前は個人メドレーの練習を主にして、最後のまとめのところで平泳ぎを少し入れただけというが、個人メドレーでは50mずつ分けてやるブロークン練習でも合計タイムは2分3秒が出ていたので、ソコソコいけるという手応えがあった。

 100m平泳ぎで最後のタッチに失敗して0秒01差でメダルを逃した悔しさと、個人メドレーで得た自信。それをバネにした渡部は、得意な200m平泳ぎで安定感を見せつけた。「記録を狙っていけ」と指示された6日午前の予選では、「後半もだいぶ余力を残して泳ぐことができた」と2分23秒29でトップ通過。午後の準決勝では「少し落ち着きすぎて前半を予選より落としてしまった」というが、全体的に安定した泳ぎを見せ、3番目ながら2分22秒15とタイムを伸ばして決勝に進んだ。

「後半の泳ぎには高地合宿の成果が出ているんじゃないかと思うので、あとは前半どれだけ積極的にいけるかというのと、ラスト25mをしっかり泳ぐかだと思います」

 こう話す渡部は日ごとに落ち着きを増しているように見える理由を「レースを重ねるごとに自分で自分に期待してしまうところが少しあって。だから自分で自分を落ち着かせよう、落ち着かせようと取り組んでいるところはあります」と、微笑みながら説明した。

 そんな落ち着いた泳ぎは、7日の200m平泳ぎ決勝でさらに磨きがかかった。スタートの浮き上がりから3ストロークでリズムを作ると、4ストローク目からはピタリと型にハマッたような安定した泳ぎに。そして準決勝の時のように少し遅れてしまうこともなく、最初からメダル圏内に食い込む入りをした。

 記録的には、今年の日本選手権で2分20秒90を出している渡部に対して、2分19秒台を持っている選手が2人いる状況。それでも大会前に「優勝の確率は7割ある」と考えていた竹村コーチは、決勝に向けて渡部に作戦を授けた。2分19秒台の記録を持ち、前回チャンピオンのユリア・エフィモア(ロシア)が予選落ちするという追い風も吹く中で、準決勝トップ通過で、もうひとりの19秒台スイマーであるリッケ・ペダーセン(デンマーク)をマークさせたのだ。

「ペダーセンは、準決勝でも最後37秒55かかっていたが、それは流したのではなく相当きつくなっていたのだと感じました。でも香生子は本当にへばっていても、最後36秒7で帰って来られる。だから、『前半を1分08秒5くらいで入って、ペダーセンが前にいればついていけ。150mでそんなに離されていなければ勝てるから、最後は死に物狂いでいけ』と話したんです」

 そんな指示通りに渡部は前半を2番手の1分08秒37で入り、ペダーセンとは0秒95差。150mでは0秒88差につめると、折り返してからはペダーセンが予想以上に崩れた。ラスト25mでは完全に並ぶと、そこからテンポを上げた渡部が抜け出して優勝を確実にした。そして最後は、2位に上がってきたミチャ・ローレンス(アメリカ)に1秒29差をつける2分21秒15での初優勝を果たしたのだ。

「最後はテンポを上げ過ぎて少しタイムが遅くなってしまったので2分20秒台には届かなかったですね」と竹村コーチは苦笑するが、渡部は「先生と話していたのとほぼ同じレースができました。狙っていた日本記録は出せなかったけど、こういうすごいプレッシャーの中で想像通りのレースができて優勝もできたから、今は本当に満足しています」と笑顔を弾けさせた。

「昨日までは頭が少し突っ込んで足が浮いてこない泳ぎだったので、それを今日は修正して泳げました。最後まで必死に泳ごうと決めていたのでタッチするまで力を抜かなかったけど、今日は本当に練習でやっていたことがそのまま出せたレースだったんじゃないかなと思います。1位でタッチした瞬間は、これまであった緊張感とかプレッシャーとか、そういうものが一気に全部無くなった感じがして。本当に最高で、これまでにないくらいすっきりした感じでした」

 200m個人メドレーで銀メダルを獲り、100m平泳ぎでは4位に終わったあと、周囲の応援を感じ、自分でもその期待に応えたいという気持ちになっていたという。そして、200m平泳ぎで竹村コーチと密かに狙っていた金メダル獲得を実現させた。狙って獲った金メダルだからこそ、ふたりにとって大きな価値がある。

「メダルをもらってもまだ実感が湧かないんですけど、とりあえず今は個人のレースが終わってホッとしたというのが一番です」と明るく話す渡部。

 この金メダル獲得で、来年のリオデジャネイロ五輪代表が内定した。2度目の五輪は前回のロンドンと違い、本当にすっきりした気持ちで素直に「戦いたい!」という思いで挑戦ができそうだ。その準備をこの世界選手権で確実に整えた。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi