「テッド」特別版で初の地上波、テッド役の有吉弘行が新たに声を収録。

写真拡大

見た目は愛くるしいテディベア、でも中身は下品な中年オヤジ。その斬新すぎるキャラクター設定で世界中を爆笑させ、日本でも40億円を超える大ヒットを記録した「テッド」が、続編の公開を前に、地上波初登場が決定した。

下ネタ連発の「テッド」は、R指定のオリジナル・コメディ映画として、全世界の歴代最高興行収入を記録したことでも話題を呼んだが、今回上波初放送されるのは“大人になるまで待てない!”バージョンと銘打った特別版。15歳未満でも楽しめるように再編集された、DVD収録もされていないバージョンだ。

さらに、今回のテレビ放映のために、テッドの日本語吹替え声優を務める有吉弘行が新たに声を収録。この放送でしか観ることのできない特別なPG-12版の放映となる。

今回の地上波初登場について、テッドは「オレの地上波デビューなんて誰も予想してなかっただろ?!もふふ!!テレビの前でモフモフしようぜ!」とコメントを寄せている。

「テッド」の地上波初放送は、8月28日21時から「金曜プレミアム」(フジテレビ系)にて。映画「テッド2」は同日より全国ロードショー。