1勝も挙げられなかったハリルホジッチ監督への風当たりは強まりそう。パターン化した交代策にも 意図が感じられなかった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 勝利で締め括ってくれると信じていたが、お世辞にも内容は良いとは言えなかったし、観ている人の多くがまたも“ガッカリ”させられたに違いない。

【マッチレポート】日本 1-1 中国
 

 
 前の2試合は正直なにをしたいのか分からなかったが、中国戦は多少なりともハリルホジッチ監督が標榜する縦への意識は見て取れた。現に、最終ラインや中盤から川又へ縦パスが入っていたが、その後の展開がいただけない。
 
 川又はタメを作ったり、半身になってでも前を向かなければいけないのに、バックパスを選択してばかり……。それでは攻撃に迫力が出るわけがない。ザッケローニ監督時代にも見られた悪癖が、またも繰り返されてしまった。
 
 監督の采配も見るべきものはなく、中国戦に限らず、今大会を通じて言えることだが、選手に対して的確な指示が出ていたのかは疑問が残る。またある意味、パターン化していたメンバー交代に関しては、そこにどんな意図があるのかがはっきり見えなかった。結局のところ、勝利にもつながらなかったわけで、評価ができるはずはない。
 
 個人のパフォーマンスを見ても、米倉や武藤の頑張りはあったが、全体的には低調だったと言わざるを得ない。韓国戦後にも触れたが、永井は今大会で期待ハズレに終わった選手のひとりだと思っている。中国戦では足もとでボールを受けてばかりいたけれど、彼の真骨頂は圧倒的なスピードで相手の背後を突いて、局面を打開するプレーなはずだ。
 
 それなのに、観ているとサイドで味方のサポートに徹していたり、どこか窮屈そうにしている。裏へボールを要求してもなかなか良いボールが来ないのは、パスを受けるタイミングを味方に伝え切れていないのもあるんじゃないか。準備期間が短かったことも差し引くべきだが、そのなかでも宇佐美は自分のスタイルや特長を、周囲に分からせてプレーできていたし、やれないことはなかった。
 
 今大会、全3試合で先発したことからも、ハリルホジッチ監督の永井に対する期待は決して小さくないはず。だからこそ、自分の持ち味を味方に分からせて「俺が必要なんだ」と思わせないと、代表では平凡なプレーだけで終わってしまう。次回招集されるか分からないが、殻を破れるかどうか、今後の永井のプレーに注目したい。
 新戦力の発掘に主眼を置いた点を考えれば、SBやボランチでまずまずの働きぶりを示した遠藤や、北朝鮮戦、中国戦で1ゴールずつ奪った武藤の台頭など、今大会での収穫がなかったわけではない。しかし、ブラジル・ワールドカップを1年後に控えて臨んだ前回大会に比べると、国内組の突き上げに物足りなさを感じたのも確かで、欧州組を脅かしそうな新戦力も見当たらなかった。
 
 当初はアジアという括りで考えたら、ある程度強化につながる大会だと期待していたが、結局そうともならなかった。今後を見据えて個人的に気掛かりなのは、身になる強化の場が少ないことだ。
 
 年内のマッチスケジュールを見ると、アジア2次予選が5試合あるが、相手はカンボジアやアフガニスタンなど格下との対戦ばかり。今後、何試合か親善試合も組まれるだろうが、それが国内における“中途半端な相手”とのゲームならなんの意味もない。
 
 南米や中米のチームのように、主力を欠いてもある程度モチベーションを高く臨んでくれるところもあるが、来日したメンバーの顔ぶれが1.5軍から2軍になるのが常だ。協会側としては、スタジアムを満員にすれば十分なのかもしれないが、そんな興行色の強いマッチメイクをするのはもう止めてほしい。
 
 例えば、欧州に出向いてアウェー戦を定期的に行なったりしながら、個やチームのレベルアップを図るようにしないと、このままでは3年後のワールドカップに出場しても悪夢を繰り返すだけ。主力メンバーの顔ぶれが変わらない今のままでは、チームとしての伸びしろは限られる。協会が本腰を入れて強化に乗り出さないと、この飽和状態から抜け出すのは厳しいと思う。