2試合は右SB、中国戦はボランチでフル出場。守備面で遠藤が見せたポテンシャルは、数少ない収穫に挙げられる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 東アジアカップの数少ない収穫だ。日本代表レベルで十分に戦えることを、遠藤航は証明した。
 
 過去2試合は4-2-3-1の右SB、そして中国戦は2ボランチの一角を担った。このポジションはキャプテンを務めるU-22日本代表の定位置とあって、違和感なく臨めた。
 
「球際にしっかり当たるところや縦にパスをつけるところなど、自分の特長を意識しながらやりました。SBよりボールに多く関われるので、縦にボールを入れたり、サイドに展開したりするプレーができた」
 
 山口との2ボランチの上下動などの関係は、コンビを組むのが初めてとは思えないほどスムーズだった。ボールを刈り取る能力に長けたふたりの存在が、チーム全体を力強く支えた。
 
「ふたりの関係は悪くなかったと思います。(山口)蛍くんは運動量が豊富なので、自分も負けないように走らなきゃと。チャレンジ&カバーを意識してやれました。蛍くんのほうがボールを奪う回数が多かったので、もっともっと向上しなければいけないですね」
 
 今大会で国際Aマッチデビューを果たした選手の中で、ただひとりの3試合フル出場だ。それでも「準備はしていたし、今日は涼しかったので、身体も重く感じなかった」と、サラリと言ってのけるところが頼もしい。
 
 もっとも3月のリオ五輪アジア1次予選では、中1日での全3試合に先発している。そのタフネスぶりは、彼にとっては当たり前なのだ。
 
 22歳の遠藤は、日本代表に確かな足跡を残した。しかし本人は一切満足などしていない。
 
「3試合連続で使ってもらっただけに、ひとつも勝てずに終わってしまったのは心残りです。今日はなんとしても勝って終わりたかった……。こういう厳しい戦いをモノにできるように、ボランチなら攻撃面でも決定的な仕事ができる選手にならなければ。ゴールにつながるプレーをしていきたいです」
 
 9月のワールドカップ予選以降の代表招集も、現実味を帯びてきた。そんな周囲の高まる期待に対し、遠藤は冷静に足元を見つめる。
 
「今日に関してはたまたま僕がボランチで出た、と思っています。もちろん、どのポジションでもアピールをしていきたいし、右SBで使ってもらったことで、また成長できるきっかけを掴めました。U-22代表やベルマーレで、さらに成長していきたいです」
 
 10代の頃から年代別代表に選ばれてきた遠藤が、フル代表に定着する足がかりを掴んだ大会――。2015年の東アジアカップがそうやって語られるのは、決して遠い未来ではないだろう。