今大会の3試合すべてにフル出場。ハリルホジッチ監督の信頼を掴んだ遠藤は「良い経験をしたではなく、その経験を成長につなげたい」とコメントした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 8月9日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれた東アジアカップの中国戦は、日本が追いつく展開で1-1の引き分けに終わった。

【マッチレポート】日本 1-1 中国

 
中国戦を終えた遠藤 航(湘南/DF)のコメントをお届けする。
 
──山口選手との2ボランチは初めてとは思えないぐらいの出来でした。互いの良さをどう引き出そうとしましたか?
 
「蛍くんは運動量豊富に走ってくれるので、自分もそれに負けないようにしっかりと球際に行くとか、チャレンジ&カバーと言うか、片方が行ったら、もう片方は行かないというところの関係性はできていたと思います。特に守備面では、試合を通してしっかりと行けていました。
 
でも、蛍くんのほうがボールを奪う回数は多かったかなという印象があるので、そこはお手本にしたいです。U-22代表や湘南でも、ボールを奪う意識はこれからも持ち続けて、そのスキルを向上させたいです」
 
――ゲームメイクの部分は? どちらかというと今日は山口選手のほうが前にいたが。
 
「特に後半はそういう位置関係でした。ただ、前半はボールに絡んで前に行くシーンを何回か作れましたし、自分の良さである縦パスを付ける部分は出せたと思います。そういうところを出しつつ、ゴールにつながるプレーがもっとできれば良かったですね」
 
――遠藤(保)選手と長谷部選手が長い間コンビを組んでいたボランチに、若い選手が出てきました。代表の未来に希望を示せたのでは?
 
「そうなればもちろんいいですが、ボランチの選手層はとても厚い。(柴崎)岳はいろいろできますし、リオ世代なら大島僚太(川崎)とかもいるので、彼らとの競争に勝たないといけない。今回はたまたま、僕がボランチとして最後の中国戦に出られたというだけなので。もっともっと成長しないといけないと思います」
 
──ストッパー、SB、そしてボランチと複数のポジションを経験することで、プレーの幅が広がっている印象があります。
 
「ポジションによって、ボールを受ける位置や縦に付けるタイミングを自分なりに考えています。頭のなかで整理はできているので、任されるポジションで自分の良さを出せればいいと思います」
 
──今回の東アジアカップでは3試合続けてスタメン出場しました。手応えを掴んだ大会になったのでは?
 
「今回A代表に初めて呼ばれて、3試合に出させてもらったのは良い経験でした。ただ、結果が出ていないし、中国戦の最後のほうは個人的にミスが目立った。良い経験で終わらせるのではなく、これを糧にもっと努力して、ワールドカップ(予選)のメンバーに入っていけるようにしたいです」
 
――先制された後の時間帯では、チームとしてスピードや球際の強さ、縦への意識や切り替えの早さなどをかなり出せたのでは?
 
「最初は少し押し込まれましたが、後半に相手が落ちてくることは分かっていたので、そんなに慌てずゲームを進められました。前半のうちに追いつけたのは良かったですし、後半も上手くボールを動かせたと思います。もう1点取れれば理想的でしたが」
 
──今大会での経験をJリーグにどうつなげますか?
 
「こういうタフな試合を常にやらないといけない。そう実感しましたね。運動量は自分の意識次第で出せると思いましたし、湘南に戻ってからはそういうところを意識しながらやっていきたいです。今回の経験を湘南に還元するだけでなく、自分が成長するきっかけにしたいです」