全試合フル出場の山口、未勝利に「精度が足りなかった」

写真拡大

[8.9 東アジア杯 日本1-1中国 武漢]

 全試合でスターティングメンバーに名を連ね、3試合すべてでフル出場を果たしたMF山口蛍。国内組だけで構成されたチームの中盤で存在感を示し、第2戦の韓国戦では同点ゴールを叩き込んだ。しかし、一度も勝利の瞬間は訪れなかった。

 前半10分に中国に先制されながらも、同41分にMF武藤雄樹のゴールで同点に追い付いた。山口が「ボールはある程度、支配できたと思う」と話したように、後半には主導権を握る時間帯もあった。しかし、時計の針が進むにつれて、「疲れてくると最後のスルーパスやパスのクオリティーが落ちてきました」。

 最後まで勝ち越しゴールは奪えず、1-1のまま試合終了のホイッスルを聞くこととなった。「最後の最後、シュートを打つ部分などの精度が足りなかったので、そこは反省しないといけません」と話した山口は、「今までよりも中盤でボールを持つ時間は増えたので、その中で効果的にパスを出せるようにというのは今後の課題です」と修正点を挙げた。


●東アジア杯2015特集