雨が降りしきる劣悪なピッチコンディションのなか、不慣れな右SBでフル出場。丹羽曰く「自分なりによくできた」。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

8月9日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれた東アジアカップの中国戦は、日本が追いつく展開で1-1の引き分けに終わった。

【マッチレポート】日本 1-1 中国

中国戦を終えた2選手のコメントをお届けする。
 
丹羽大輝(G大阪/DF)
 
──試合を振り返って。
 
「楽しんでやれました。結果が出れば良かったですが、次への教訓ということで。後半は特に良いサッカーができていましたし、点が入っていれば勝てた試合だと思います。後半みたいなサッカーを続けていきたいです」
 
──この試合で大きな経験を積めましたか?
 
「この経験をチーム(G大阪)に持ち帰って、活かさないといけないですね。今回は(右)SBで出ましたが、自分としては良いプレーができたと思っています。もっともっと上を目指さないといけないですね。日々の練習から意識して、やっていきたいです」
 
──SBでの出場を伝えられたのはいつですか?
 
「昨日(試合前日)に言われました」
 
──失点の場面では、相手のシュートに当たったように見えましたが。
 
「当たりました。あそこはエアポケットになって、チームがバランス的に良くありませんでした。中盤の選手が当たりにいければ良かったですが。失点の後はみんな切り替えてプレーできていましたけど、やっぱり勝ちたかったですね」
  
米倉恒貴(G大阪/DF)
 
──アシストについては?
 
「前の2試合で出場チャンスがなかったので、今日は攻撃で違いを見せられたらいいなと思っていました。(本職の右SBではなく)左サイドでしたが、結果的にアシストできて良かったです」
 
──左SBとして出場したのはどういう経緯で?
 
「本当に、急に監督に言われて。『やったことあるか?』と訊かれて『ないです』と答えましたが、『でも、いくぞ』みたいな流れでした。『中国の7番が速いから、対応してもらいたい』とも言われましたが、個人的には攻撃で違いを見せようと思っていました」
 
──左SBで行くと言われたのはいつですか?
 
「昨日です。練習前に言われました」
 
──味方との連係のイメージについては?
 
「前は(宇佐美)貴史だったので、問題ないと思っていました。むしろ問題は守備かなと考えていましたが、だいぶ槙野君に声をかけてもらって、助けてもらいました。ディフェンスの部分は改善すべき点がありますね」