3戦未勝利、史上初の最下位…ハリル監督「2、3日前に来れば、すべての試合に勝てた」

写真拡大

[8.9 東アジア杯 日本1-1中国 武漢]

 史上初の未勝利、そして最下位で大会を終えた。最終戦となった中国戦では前半10分に先制を許しながらも、同41分のMF武藤雄樹のゴールで同点に追い付いた。しかし、勝ち越しゴールは最後まで生まれなかった。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は「今日の試合はかなり良い試合をした。勝てるチャンスがあったと思うし、徐々に向上していると思う」としながらも、「フィジカル的にもフレッシュな状況でしたが、2、3日前にこちらに来ていれば、すべての試合に勝てたと思う」と準備期間の短さを嘆いた。

 3戦未勝利に終わった東アジア杯。指揮官は「課題はたくさんある。それを解決していこうと思う」と今大会で見えた課題を修正していきたいとした。


●東アジア杯2015特集