結果は最下位も中国戦で手応えを感じた柴崎「3戦目が一番良かった」

写真拡大

 日本代表は、9日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第3戦で、中国代表と対戦し1−1の引き分けに終わった。

 試合後、日本代表MF柴崎岳は「3戦目が一番良かったという思いはありますし、コンディションの面でも非常に整ってきて、これからって時だったんですけど。(最下位という結果は)大会のレギュレーションとしてはしょうがない部分でもある」と、ようやくコンディションが上向いたところで大会が終わり、最下位に沈んだ悔しさをにじませた。

 一方で、「内容は徐々に良くなっていて、1戦目、2戦目、3戦目と良くなっていて手応えを感じている部分もあります。結果こそ出なかったですけど、ある程度手応えを掴めた部分もあります」と、決して悲観するばかりではなく、収穫もあったことを明かしている。