課題はゴール前での質…MF山口「やっぱり最後のシュートを打つところ」

写真拡大

 日本代表は、9日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第3戦で、中国代表と対戦し1−1の引き分けに終わった。

 試合後、MF山口蛍は「疲れてくると最後のスルーパスだったり、パスのクオリティーが落ちてきたので、そこの精度が足りなかったと思います。ボールはある程度支配できましたけど、やっぱり最後の最後でシュートを打つところだったり、そういうところの精度が足りなかったので反省しなくてはいけない」と、最後の局面で疲労からプレーの精度が落ちてしまったことが未勝利に終わった原因だと分析した。

 続けて「今までより、中盤でボールを持つ時間は増えたと思います。その中でいかにして効果的なパスを出すかというところがこれからの課題になってくると思います」と、北朝鮮戦や韓国戦に比べてボールをキープできる時間が増えたことから、今後はその先が課題になると述べている。