今大会ノーゴールの宇佐美、結果を残せず猛省「力のなさを痛感した」

写真拡大

 日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015最終戦で中国代表と対戦した。

 開始10分に先制点を許した日本は、41分にMF武藤雄樹のゴールで同点に追いつくも、最後まで追加点を挙げられず。1−1で引き分け、大会史上初の最下位に終わった。

 J1リーグの得点ランキングでトップを走る宇佐美だが、今大会では無得点に終わり、「ああいう局面で自分は得点を取れなかったので力のなさを痛感しました」と反省を口にする。

 北朝鮮戦、韓国戦に比べボールを保持する時間帯が増え、速攻と遅攻を使い分けながら攻撃を組み立てた日本。宇佐美も「しっかりボールを保持しながら、もう一度遅攻の部分の質を上げていこうと話していました。そういう部分は良くなったんで、そこをどう得点に繋げていくかだった。そこが足りませんでした。勝ち切れなかったんですごく悔しいです」と悔しさを滲ませる。

 自身のプレーについては「得点という結果を全く残せていないので、自分自身のクオリティの低さをすごく痛感しましたし、もっともっとああいう局面で点を取れる選手になっていかないといけないと思います」と課題を口にしている。