湯川れい子氏の投稿

写真拡大

6日、音楽評論家の湯川れい子氏が、自身のTwitterアカウントで「原爆と原発は、育ちは少し違うけれど、生まれは同じ双子の兄弟」などと投稿し、物議を醸している。

湯川氏は同日、広島に原爆が投下されて70年になることから、Twitter上で反原発を訴えた。しかし、Twitterユーザーからは「原爆と原発は全然違う」など反論ツイートが相次いだ。一方、湯川氏は「事故を起こして爆発したら同じですよね?逆に違いを教えて下さい」と再反論するなど、互いにヒートアップしていった。



7日以降も「原発事故と原爆では死亡状況が違う」といった反論が湯川氏に向けられているが、湯川氏は「アッと言う間に苦しんで死ぬか、次世代までさまざまな放射能物質が残って、何代にもわたって影響を受けて住めなくなったり…。の違いですよね?」と一蹴するなど議論が絶えず、波紋を広げている。









【関連記事】
北野武が東京湾への原発建設を提案「東京が犠牲もリスクも背負うべき」
武田鉄矢が原発の再稼働停止について持論「放送を止めるという覚悟が各局にあるのか」
「報道ステーション」で紹介した「汚染水漏れ」報道に誤りが判明 古舘伊知郎氏らが謝罪