バングラデシュでまたブロガー殺害、今年4人目

写真拡大

バングラデシュの首都ダッカでブロガーが長刀で殺害され、同国内で活動するアルカイダの一派が犯行声明を出した。同様に殺されたブロガーは今年に入って4人にのぼる。

「バングラデシュでまたブロガー殺害、今年4人目」の写真・リンク付きの記事はこちら

バングラデシュの首都ダッカで、8月7日(現地時間)に一般人ブロガーが長刀で殺害された件で、同国内で活動するアルカイダの一派が犯行声明を出した。同様に殺されたブロガーは今年に入って4人目になる。

監視グループ「SITE」によると、アルカイダのインド亜大陸支部(AQIS)である「アンサール・アル・イスラム」は、バングラデシュでさらなるブロガー殺害を行うと主張している

アンサール・アル・イスラムは、ベンガル語と英語で出した公式声明、ならびに「Facebook」や「Twitter」アカウントにおける2015年8月7日付け投稿において、予言者ムハンマドの名誉のための『復讐』攻撃を宣言し、この先も敵に対して同様の作戦を展開すると断言した。アンサール・アル・イスラムは、「おまえたちの『言論の自由』に限度がないのなら、『われわれの長刀の自由』のためにおまえたちの胸元を大きく開けておくことだ」と脅している。

今回殺害されたニロイ・チャクラバルティ(40歳)は、「ニロイ・ニール」という名で執筆活動をしていた。地元メディアの報道によると、ダッカにあるチャクラバルティ氏のアパートに、長刀で武装した6人ほどの男が押し入り、殺害したという。

チャクラバルティ氏は、人道主義を提唱するブログ用プラットフォーム「Mukto-Mona」によく投稿をしており、その内容はイスラム教原理主義を批判するものが多かった。Mukto-Monaは、ベンガル語で「自由な心」を意味し、自由主義を掲げるエンジニアのブロガーアヴィジット・ロイが開設したものだが、ロイ氏もまた2015年2月にバングラデシュで殺されている。

海外メディアは、チャクラバルティ氏はいちばん最近の投稿で、仲間のブロガー3人が殺害された件を強く非難し、女性や少数派の権利を擁護したほか、バングラデシュでヒンドゥー教徒たちがひどい扱いを受けていることを批判していた、と伝えている(バングラデシュは人口およそ1億6,000万で、イスラム教徒が約9割を占めている)。

AFPの記事によると、チャクラバルティ氏は、5月15日のFacebookへの投稿において、殺害されたブロガーに対する抗議行動に参加してから自宅に戻る際に、誰かに尾行されたと綴っている。警察に相談したが捜査はしてもらえず、代わりにバングラデシュを離れるよう言われたという。

チャクラバルティ氏の殺害に関しては、ダッカで抗議行動が起きている。Mukto-Monaも、追悼ツイートを公開した。

Mukto-Mona society will remember your contribution to free-thinking #NiloyNeel

— Mukto Mona (@AvijitsMM) 2015, 8月 7

「Mukto-Monaは、自由な思考に対するあなたの貢献を忘れない」

世界各国の言論弾圧を監視する目的で運営されている非営利団体「ジャーナリスト保護委員会(CPJ)」は、チャクラバルティ氏の名前は、「無神論者とされる854人のブロガーの処刑リストで広く知れ渡っていたようだ」と指摘している。

CPJによると、同団体が記録を取り始めた1992年以降、バングラデシュでは17人のジャーナリストが殺害されているが、ほとんどの事件が解決していないという。

TAG

Arstechnica USBangladeshIslamMediaTerrorism