投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が8月10日〜8月14日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円はもみあいか。米連邦公開市場委員会(FOMC)の中立派メンバーの講演や米7月小売売上高などの経済指標が手掛かり材料となりそうだ。米経済指標の改善が確認された場合、9月利上げ期待はさらに高まり、ドル・円は125円台で取引される可能性がある。ただし、主要な経済指標が市場予想を大きく下回った場合、9月利上げの思惑は後退し、リスク選好的なドル買いは縮小する見込み。

【アトランタ連銀ロックハート総裁の講演】(10日)
 10日にFOMCの中立派とみられる米アトランタ地区連銀のロックハート総裁が講演する。同氏は5日、米紙とのインタビューで、9月の利上げを先延ばしするためには米経済が大幅に悪化する必要があると述べており、9月利上げ期待が一気に高まった。さらに踏み込んだ発言があれば、ドル買いが強まる可能性がある。

【米経済指標】(13日、14日)
 米9月利上げへの期待が高まるなか、米経済指標が利上げを後押しできるか注目される。今週は7月小売売上高(13日)、7月鉱工業生産指数(14日)が発表される。5日に発表されたADP雇用統計は予想を下振れたが、7月ISM非製造業景況指数(総合)が10年ぶりの高水準となったことを受け、9月利上げ観測は後退しなかった。7月小売売上高などの経済指標が予想を上回ればドル買いに反応しやすい。

 8月10日-14日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(日)6月経常収支 10日(月)午前8時50分発表
・予想は+7859億円
 参考となる5月実績は+1兆8809億円。第1次所得収支は5月として過去最大を記録した。原油安で輸入額が大幅に減少し、5月貿易赤字は前年同月比で大幅に縮小。第一次所得収支は6月も高水準の黒字を計上する見込みであり、経常黒字額は市場予想をやや上回る可能性がある。

○(米)7月労働市場情勢指数 10日(月)午後11時発表
・6月実績は+0.8
 参考となる6月実績は、+0.8。労働参加率は伸び悩んでいるが、労働市場の緩やかな改善は続いている。7月雇用統計が6月並みの内容であれば、7月実績もプラスになる可能性が高い。6月実績を上回った場合は9月利上げを後押しする材料になりそうだ。

○(米)7月小売売上高 13日(木)午後9時30分発表予定
・予想は、前月比+0.5%
 6月実績は-0.2%で予想外の減少。6月は、ガソリンや電子・家電の売上は増加したが、自動車と自動車部品、服飾は減少。7月については、6月に減少した反動で全体の数字は増加が見込まれている。ただし、自動車販売の大幅な増加は予想されていないため、全体の売上高は市場予想をやや下回る可能性がある。

○(米)8月ミシガン大学消費者信頼感指数 14日(金)午後11時発表
・予想は、93.5
 参考となる7月確定値は93.1。労働市場の改善期待はプラス材料になりそうだがが、7月時点で先行きの景況感指数は伸び悩んでおり、8月の数字が大幅に改善する可能性は低いとみられる。

○日米の主な経済指標の発表予定は、12日(水):(日)7月国内企業物価指数、13日(木):(日)6月機械受注、14日(金):(米)7月生産者物価指数、(米)7月鉱工業生産・設備稼働率。

【予想レンジ】
・米ドル/円:121円00銭−126円00銭