手軽に作れるストレートタイプ

写真拡大

食品会社のイチビキ(名古屋市)は、いつもとひと味違う特別な鍋を手軽に食べられる「今夜のごちそう鍋」シリーズを開発し、第1弾として「牛炊きしゃぶしゃぶ鍋つゆ」「うにの豆乳クリーム鍋つゆ」を2015年8月20日に発売する。

肉・海鮮の中でも贅沢な食材を使用した鍋つゆ

近年、鍋つゆ市場ではプチ贅沢な鍋が好調で、外食店でもごちそう鍋が人気だという。イチビキでは、家庭で手軽にごちそう鍋が味わえるシリーズを開発し、社内調査で贅沢に感じるとされた「牛肉」「うに」が入った鍋つゆを第1弾とした。

「牛炊きしゃぶしゃぶ」は牛骨スープにカツオブシと昆布のだしを合わせたあっさりかつコクのある和風スープ。キャベツなどの野菜が沢山食べられ、締めにそばを入れれば牛の旨味が最後まで楽しめる。「うにの豆乳クリーム」はうにのコクと風味が活きたなめらかな豆乳クリームスープ。魚介や野菜を食べた後の締めはうにクリームリゾットがおすすめという。

内容量は750グラムで希望小売価格は400円(税抜)。