歩きながら効果的にひざ周りの筋力アップ!

写真拡大

パナソニックは、センシング技術を融合した筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」を2015年8月21日に発売する。

世界初のハイブリッドトレーニングを搭載

久留米大学医学部の志波直人主任教授を中心とした研究グループが進めてきたハイブリッドトレーニングと、パナソニック独自のセンシング技術を融合。

ハイブリッドトレーニングは、人間の動作と電気刺激を融合させた新しいトレーニング方法で、脚力低下に悩む人のために志波主任教授が研究を進めてきたという。10年からはハイブリッドトレーニングを搭載した、ひざ周りの筋力トレーニング機器を開発。

装着して歩くだけで、動作時の脚の動きをボディモーションセンサーが計測し、交互に伸びる筋肉に電気刺激が加わることによって、ひざ周りの前後の筋肉を効果的に鍛えることができる。また、ひざ関節に負担がかかる着地時も同様に電気刺激をかけて、筋肉を安定させながら無理なく歩くことが可能だ。状態に合わせて選べる6コースを搭載した。

価格は14万8000円(税別)。