J・ローズが“63”の猛チャージで首位に浮上!(撮影:福田文平)

写真拡大

<WGC-ブリヂストン招待 3日目◇8日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>
 松山英樹、小田孔明の日本勢2選手が出場している世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」3日目。首位に急浮上したのはこの日“63”のビッグスコアを出したジャスティン・ローズ(イングランド)。前日首位のジム・フューリク(米国)と並びトータル9アンダーとなり、今季2勝目へ向け、首位タイで最終日を迎える。
米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 首位2人と2打差・3位につけるのはシェイン・ローリー(アイルランド)。4位タイグループにはローズと同じく“63”を叩き出したスティーブン・ボウディッチ(豪州)、イアン・ポールター(イングランド)らがつける。
 日本勢は小田孔明が1つスコアを伸ばし、トータル4オーバー・45位タイ。そして松山英樹は“73”と3つスコアを落としてしまい、トータル7オーバー・58位タイとなっている。

【3日目の順位】
1位T:ジャスティン・ローズ(-9)
1位T:ジム・フューリク(-9)
3位:シェイン・ローリー(-7)
4位T:スティーブン・ボウディッチ(-5)
4位T:イアン・ポールター(-5)
4位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
4位T:バッバ・ワトソン(-5)
45位T:小田孔明(+3)
58位T:松山英樹(+7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ツアーで発見!新ギア】前田陽子が既に使用!『KUROKAGE“XM”』って?