“チャレンジなでしこ”、終盤の2得点で初勝利!!3位で大会終える

写真拡大

[8.8 東アジア杯 日本女子2-0中国女子]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は8日、東アジア杯の第3戦で中国女子代表と対戦し、2-0で勝利した。大会初勝利を挙げたなでしこジャパン。中国を上回り、3位で大会を終えた。

 第2戦の韓国戦で後半アディショナルタイムに逆転弾を浴びるなど、まさかの2連敗となったなでしこジャパン。3連敗阻止が厳命された中で迎えた第3戦のホスト国・中国戦には韓国戦から5人を入れ替えて臨んだ。

 なでしこが前半から攻め続けた。しかしゴールが遠い。前半20分に右サイドをMF中島依美が持ち上がると、エリア内でキープしてクロスを入れるが、FW田中美南にはわずかに合わない。同26分にはゴール前で獲得したFKをMF杉田亜未が狙うが、GKワン・フェイに弾かれたボールは、右ポストを叩いた。

 後半に入っても流れは変わらない。15分、3試合連続の先発出場となったFW有町紗央里のクロスをキャプテンMF川村優理がヘディングで合わせるが、これも左ポストに嫌われた。

 日本は後半21分にFW増矢理花を投入するなど、リズムに変化を求める。30分過ぎには右SBで先発していたDF京川舞を前線に上げる。さらには同38分からMF横山久美をピッチに送り込み、何とか得点を奪いに行く。それでも、同39分に京川のスルーパスから作った横山、FW菅澤優衣香の見せた波状攻撃もゴールには繋がらなかった。

 しかし後半44分、ついになでしこがゴールをこじ開けた。中島のスルーパスに反応した横山が、強引な突破からゴール前に侵入。右足でゴールネットに突き刺す。さらに後半アディショナルタイムには杉田がゴールネットを揺らし、勝利で大会を終えた。

 


●東アジア杯2015特集