笑って暑さをぶっ飛ばそう! 笑えるタレント本をコンシェルジュが伝授

写真拡大

8月8日は、“笑いの日”! 笑い声「ハ(8)ハ(8)ハ」の語呂合せによるもので、日本不老協会が中心となって発足した「笑いの日を作る会」が設定したのだとか。そんな日には、おもしろいエッセイを読んでくすっと笑ってみは? そこで、マニア心をくすぐるディープな本や雑貨がてんこ盛りの遊べる本屋、ヴィレッジヴァンガード下北沢店の書籍担当・ハセガワさんに、笑えるエッセイ集を3冊選んでもらった。うだるような暑さも、笑いで跳ね飛ばしてみる?
◆蛭子さんの言動に大爆笑できるエッセイ漫画


マンガ家兼タレントとしても大活躍な蛭子能収。芸能人&芸能界を独特の目線で綴ったエッセイ漫画と赤裸々なインタビュー集。

「漫画家としてもタレントしてもおもしろい蛭子さん。大物と出演しても楽屋に挨拶に行かないとか、ローカル路線 バス乗り継ぎの旅がヒットしてDVD化されたとか、蛭子さんにまつわる伝説っていっぱいあるものなのですよね。そんなおもしろエピソードを蛭子節で赤裸々に語っています。それが本当に笑える。蛭子さんが描いてきた初期の頃の漫画って深いものが多いんです。自由奔放に見えるけど実は思慮深いような人柄に、読後はすっかり魅了されているかもしれません(笑)」

『芸能界蛭子目線』/蛭子能収著/1080円/竹書房

◆スピリチュアルな世界を独特の視点で綴った、くすっと笑えるエッセイ


「スピリチュアルな世界にハマっていると公言している辛酸なめ子さん。スピリチュアルなセミナーに参加したり、施術を受けたりした実体験を描いた、くすっと笑えるエッセイ集です。実体験を綴っているだけなのですが、秀逸な言葉選びのせいか、類稀な視点がユニークなせいか、かなりおもしろい。スピリチュアル界では有名な場所の紹介などもしているので、不思議な世界が好きな方にもおすすめです」

外界に惑わされずに内なる霊格を高めたい。そう願う著者が様々なスピリチュアル最前線にチャレンジした様子を綴る。

『天使に幸せになる方法を聞いてみました』/辛酸なめ子著/角川文庫/605円

◆下ネタが教えてくれる!? 笑えてためになる人間の真理


「学生時代に学んだ保健体育の授業で教わったような真面目な内容だけど、みうらじゅんさんの視点で書かれると、なぜかおもしろいんですよね。人生の3分の2はいやらしいことを考えてきたというみうらさんの実体験やわかりやすい事例はちょっとエッチで笑えます。バカバカしくて笑えるけど、結構ためになる1冊です」

「性とはなにか?」「生きるとはなにか?」を講義した『正しい保健体育』と、結婚後次々と訪れる「夫婦生活」「子育て」「介護」への心構えを説いた続編『正しい保健体育2結婚編』が文庫化に。思わず吹き出してしまう下ネタから人生哲学と人間の真理が見えてくる!?

『正しい保健体育 ポケット版』みうらじゅん著/文春文庫/724円