写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公開初日を迎えた特撮映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』の初日舞台あいさつが8日、都内で行われ、主要キャストと主題歌を担当する松岡充が登壇した。

舞台あいさつには、仮面ライダードライブ/泊進ノ介役の竹内涼真、詩島霧子役の内田理央、仮面ライダーチェイサー/チェイス役の上遠野太洸、仮面ライダーマッハ/詩島剛役の稲葉友、クリム・スタインベルト役のクリス・ペプラーに加え、劇場版ゲストの花咲未来役の筧美和子に加え、主題歌「re-ray」を担当する「Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE」の松岡充が応援に駆けつけた。

竹内が「ひとっ走り付き合いたまえ!」と劇中での「ベルトさん」(クリム・スタインベルト)になりきってあいさつすると、クリスも負けじと「ひとっ風呂、浴びたまえ!」と笑わせつつも、「スタート・ユア・エンジン!」の決め台詞で会場を沸かせた。

クリスは「とにかくストーリーがすごい。新ライダーのアクションもすごい」と作品をアピールしつつ、「なぜ竹内涼真が仮面ライダードライブなのか、この映画を観て皆さん納得したと思います」と竹内の演技も大絶賛。竹内が「……ベルトさん」と感謝を込めた笑顔で語りかけると、クリスも「進ノ介! がんばろうな!」と返し、見事なコンビ愛を見せつけた。また、弟の影響で子供の頃から「仮面ライダー」シリーズに慣れ親しんでいたという筧は、出演できた喜びを伝えた後「1年間(TVシリーズを)一緒にやられているということで、現場が和気あいあいとしていて、今までいったどの現場よりも楽しかった」と撮影を振り返った。

その後、本作のタイトル「サプライズ・フューチャー」にちなんだ「20年後に自分がどうなっていたいか」という質問へ。竹内は「結婚しているかな? 子供は3人で女男女。かまってほしいタイプなので、子供の誰かにかまってもらいたい」と話す一方で、内田は「世界が今より平和であってほしい。私はお母さんになって、今よりも少しでも平和になれるよう、貢献していきたい」と霧子ばりの優秀な回答に会場から拍手が起こった。

また、上遠野は「僕はロイミュードなんで、20年後もチェイスだと思う。チェイスが『仮面ライダー』シリーズに出てきたら、またやらせてもらいたいです」と意欲を見せ、稲葉は「健康な体でお芝居を続けていきたい。健康は大事」とそれぞれの想いを吐露。そして、クリスは「20年後、私はたぶんアンドロイドになって上遠野くんをコピーして顔も上遠野くんになっている。声は今より低音だと思う」と笑いを誘い、キャスト陣からも喝采を浴びていた。

その後、松岡がステージに登壇。松岡は自身の服装を指差し、「主題歌やっているだけの格好じゃないですよね。やっぱり、この2人はチームで(ドライブ&マッハ)と戦う、みたいな」と上遠野の横に並び、「一番変身しそうですけど、一瞬たりとも出ていないです」と冗談を交じりにあいさつ。また、作品については「ストーリーやアクションも見どころですが、キャストの皆さんが1年間培ってきたチームワークや絆が見えるところがあった」と大絶賛していた。

本作で『仮面ライダー』シリーズの主題歌は6作目となった松岡。20年後の自分がどうなっているかを聞かれ「誰も想像できないことが起こっている。このままいけば、恐らく東映の社長になっているじゃないかと思います」という大胆予想で、本イベントで1番の拍手が会場を包んだ。

そのほか、映画のヒット祈願として、キャスト陣がステージからサインボールを客席に投入したほか、最後に竹内は「これが日本を代表する仮面ライダーの映画だと胸を張れる作品だと思いますので、皆さんにぜひ観てほしいです」とアピールし、舞台あいさつは幕を閉じた。

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』は、毎年夏の恒例となった「仮面ライダー」「スーパー戦隊」の2本立て映画の最新作。物語は「サプライズ・フューチャー」というタイトルのとおり、主人公の仮面ライダードライブ/泊進ノ介のもとに、未来から彼の息子と名乗る青年・泊エイジがある重大な秘密を伝えるために登場。エイジを追って、未来からは最強の敵「仮面ライダーダークドライブ」が出現し、メルセデス・ベンツとのコラボも話題になった愛車「ネクストライドロン」に乗り込む。

(担当ぱぴい)