Doctors Me(ドクターズミー)- 女性に多い!?「虚偽性障害」と「境界性パーソナリティ障害」とは?

写真拡大

虚偽性障害や境界性パーソナリテイ障害という言葉を聞かれたことはないでしょうか?これらは、精神障害の一種で特に女性に多いともされています。

今回は、境界性障害、境界性パーソナリテイ障害について医師に解説していただきました。

自分で病気のような状態にしてしまう虚偽性障害!

虚偽性障害は、自分の健康状態や病状などについて嘘をついたり、悪い病状をよそおったりする精神疾患のひとつです。詐病や仮病といわれたり、ミュンヒハウゼン症候群といわれることもあります。

人から心配や同情されたり関心を集めたいために、実際に身体に害のあるものを摂取したり、必要がないのに薬を飲んだりすることで自分の体を痛めつけ、実際に体に悪影響や病気のような状態に陥らせたり、検査の尿に砂糖を混ぜたりすることで検査を偽ったり、自分で起こしたにも関わらず病気であるように装います。

精神的に不安定で自傷行為をすることも…

境界性パーソナリテイ障害は、気分の波が激しく、感情が一般の人に比べてとても不安定で、ものごとの善悪や、もののよしあしなどを極端に考えたり、イライラ感が強く、冷静に感情をおさえきれず、社会生活を送るのに困難である症状をもつ人のことをいい、境界性人格障害ということもあります。

人からの見捨てられるのではないかという不安や、他人への執着などが強く、周りとの人間関係がうまくいかないのも症状の一つです。自傷行為などで自分を傷つけることも多くみられます。

原因は?対処方はある?

どちらも他者の関心をひきたいという点が共通しており、これらの障害は同時に起こることもあります。

両者とも原因ははっきりわかっていませんが、育ってきた環境や家族関係、母親や保護者などと愛情をもった関係を築けなかったなど、環境による原因と遺伝的な原因が関係しているのではないかといわれています。

治療としては、症状に応じて抗うつ剤や抗不安薬などの薬を使ったり、精神科医や臨床心理士などによってカウンセリングを行ったり、行動療法をしたりして根気よく治療していきます。

【医師からのアドバイス】

自分自身や家族に疑いがある時は心療内科や精神科を受診し、相談してみましょう。