味噌ラーメンとちゃんぽんが新たに登場

写真拡大

東洋水産は、2015年8月17日に「煮込んで食べるマルちゃん正麺」の「醤油ラーメン」をリニューアルするとともに、「味噌ラーメン」と「ちゃんぽん」を新発売する。

煮込んでも伸びにくい「煮込み専用」麺

マルちゃん正麺は、独自開発した「生麺うまいまま製法」により、乾燥麺でありながら生の麺本来の自然な食感と味わいを実現した商品。「煮込んで食べる」シリーズは、これに加え、煮込んでも伸びにくい「煮込み専用」の麺を使用。「マルちゃん正麺」らしい、食感を鍋料理でも楽しめる。

スープは「食べやすさ」と「本格感」を両立させ、色々な具材と合う、少し濃い目ながらもクセが少ない味を実現。冷蔵庫に残っている野菜や肉を入れて煮込むだけで、本格的な食事に仕上がる。

新発売の味噌ラーメンのスープは、ポークの旨味をベースにごまの風味を利かせた、食べやすいまろやかな味わい。麺はスープと絡みのよい中太麺を採用。

ちゃんぽんは、ポークとチキンをベースに、アサリの旨味とオイスターソースを効かせたスープが、もちもちとした食感の太麺にマッチするつくりだ。

1箱4食分入りで、希望小売価格はいずれも322円(税抜き)。