「広報部長」は企業情報化時代の花形ポストのように思われがちだが、華々しいニュース発表や製品PRだけが仕事ではない。ひとたび不祥事が起きれば、マスコミの矢面に立つトラブルシューターにもなる。最近は業務の幅が広がり、彼らの心労は高まる一方だという。

 その実態を探るべく、内情に詳しい記者を集めて緊急座談会を行なった。出席者は、銀行担当の40代経済誌記者A氏、同じく40代で自動車業界に詳しい大手紙記者のB氏、航空業界に明るい30代若手記者C氏、電機業界を中心に長く取材してきた50代のベテラン経済記者D氏だ。
 
B:「不祥事とは別の意味で苦労するのが、新社長人事の発表。例えば、自動車メーカーでは、社長人事は社内でも一部しか聞かされないトップシークレット。広報部はそれをマスコミや社内に漏れないようにしながら、リリースを作って準備する。部下にも当然箝口令を敷くけど、正式発表までは気が気じゃないらしい」

A:「ポーカーフェイスも広報部長に求められる素養の一つですよね」

B:「でも、付き合いは長いのにポーカーフェイスっていうのはどうなのかね? 実はある広報部長と食事した翌日に、その会社の社長交代人事の発表があったんだよ。交代なんておくびにも出さなかったから、そりゃもう驚いたよ。

 後で聞いたら『ドタキャンしたら、何かあるって勘繰られるでしょ?』だってさ。あぁ、今思い出しても悔しい」

D:「社長と広報部長の距離感って、他部門の部長のそれとはずいぶん違うよね。時にはゴーストライターにもならなければいけないから、社長といかに個人的に親しいかも大切になる。

 ある大手電機メーカーの人は、『TPP交渉で進展があった時に、新聞社から“トップの考えを今日中にほしい”といわれた。でも正直、社長はすぐには考えられないから(笑い)、こっちで考えて社長にOKを貰わなきゃいけなくて大変だった』ってこぼしてたよ」

A:「距離が近すぎて、“知ってはならない秘密”にも触れてしまう。ある大手企業トップの愛人問題が週刊誌の記事になった時、広報部長が彼女を匿うために奔走したなんて話もあった。彼はその後ずいぶんと出世したけど、その時の論功行賞かな(笑い)」

C:「マスコミ対応では社長だけじゃなく、部下にもヒヤヒヤさせられるそうですよ。

 最近はルックスの良い女性社員を広報部に置く会社も多いですよね。僕らは“キラキラ広報”なんて呼んでますけど、広報部長としては彼女たちも悩みのタネなんだとか。普段は記者ウケもいいから問題ないけど、もともと業務内容への理解度が低いから、不祥事が起きた時にはまったく役に立たない。

 いざという時の対応には経験と熟練した“技”が必要で、お飾りの彼女たちにはどだい無理な話。あるIT企業の人は『PRとクレーム処理を同じ人がやる怖さがある』って口にしていました」

※週刊ポスト2015年8月14日号