1

写真拡大 (全4枚)

日本競泳陣通算100個目のメダルは、渡部香生子ちゃんのメモリアル金!

やはりそうだった。間違っていなかった。東京五輪へつづく長い道を、一緒に歩み、追いかけていける存在を確認した喜びで胸の高鳴りが止まりません。このドキドキと興奮は決してan・anのセックス特集を読みながら中継を見ていたせいではない。一流オブ一流だけが持つここ一番での爆発力、その爆風にドーンと当てられたからです。

渡部香生子ちゃん、日本競泳陣の新エース。東京五輪まで日本競泳陣を牽引していく時代の担い手です。ちょっと前までは別の人物に託すつもりの役目でしたが、「大事な大会前に自転車でコケて骨折」という面白不祥事によって、その座は剥奪されました。ミニバイクとか自転車で面白不祥事をやらかせば、エース枠から面白枠に異動になる、それが社会の仕組みです。これからのトビウオジャパンを引っ張っていくのは、大本番力を備えた渡部香生子ちゃんしかいません。

これはもう完全に個人語りですが、やはり心にグッとくるには色々な偶然とか運命を必要なんだなと改めて思います。中学年代から「スゴイ娘がいる」という評判は聞き及ぶものでしたが、僕のハートにズドンと矢を突き刺してきたのは何と言っても、この目で目撃した2012年の日本選手権。ロンドン五輪出場を期待されながら100メートル平泳ぎでは代表入りを逃していた香生子ちゃんが、そのショックを振り払っての200メートル平泳ぎでの代表入りをはたしたあのレース。そして涙と興奮でグッチャングッチャンになったあのインタビュー。アレは今も笑いが甦ってくる出色のデキでした。

今や押しも押されぬ日本女子のエース、そして日本のエースになった彼女が、ついに2015世界水泳では、得意の200メートル平泳ぎで世界の頂点にも立ちました。そのメダルは、日本競泳陣が獲得してきた世界水泳での通算100個目となるメモリアル金。そんなタイミングに巡り合わせたのは、偶然ではなく運命としか思えません。きっと、スポーツの神様がこの娘をペロペロしなさいと日本国民に教えてくれているのでしょう。

リオ・東京で連覇を狙う存在となれば、メディアの中心に立つ国民的ヒロインとなっているはず。そのときまで、どうか今のままでいてほしい。プールを一歩出ればグッチャングッチャンになる、そのままのキャラクターで。心ないSNS界隈では「しゃべりかた講座を受けさせるべき」「何言ってるかわかんねーよ」「字幕をつけろ」などの声もあるようですが、そのグッチャングッチャンもまた魅力。東京五輪その栄光の舞台で、人生最高の感謝を込めた「◎△●※◆☆■Д▼で!!□★△〓した!!ピシュー!!」を見せてもらいたいものです。今からその日が楽しみです。

ということで、北島康介さんのモノマネで「何も聞き取れねぇ」とつぶやきつつ、7日のテレビ朝日中継による2015世界水泳「女子200メートル平泳ぎ」をチェックしていきましょう。

◆泳ぎは進化しているけれど、その他はむしろ悪化しているこの感じ!

前日は星奈津美さんの感動の金があった世界水泳。日本競泳陣は、ここまで女子だけが絶好調です。自転車でコケてないので絶好調です。そんな中、攻勢の口火を切り、エースとしての期待を背負ってきたのは渡部香生子ちゃんでした。最初のメダル獲得レースとなった200メートル個人メドレーでは、準決勝で自ら持つ日本記録を0.2秒更新、さらに決勝では1秒16更新するという大本番力を発揮。「勝たねばならぬ日に人生のベストを出せる」というスターの輝きで、世界水泳での初めてのメダルを手にしました。

↓得意の平泳ぎでグッと追い上げ、最後の自由形で大きく伸びた!雄大さが生んだ後半型の泳ぎ!


画面上から3人目、3レーンが香生子ちゃん!

中央の4レーンがこのレースで世界記録を作るホッスー!

最初の100メートルでは最下位にいた香生子ちゃんが後半で一気にまくってきた!

↓レースそのものもスゴイが、終わったあとのグッチャングッチャンがすごい!


寺川:「渡部選手おめでとうございます!」
寺川:「今のレース振り返っていかがでしたか!」
香生子:「ぶえー、こんなタイムがでうともおもってだかったしぃ」
香生子:「ピシュー」
香生子:「びばんにもなれるとぼぼってだかったので」
香生子:「ふおんとうにうれしいです」
寺川:「本当におめでとうございます!」
寺川:「改めて、憧れのホッスー選手の隣で泳いで」
寺川:「見事な記録と順位でしたがいかがですか!」
香生子:「まぁホッスーはすごいどびぬけてはやいと思っていたので」
香生子:「まぁ先生とは3番っていう話をしてたので」
香生子:「ほんとにまさか2番もとれると思ってなかったし」
香生子:「ピシュー」
香生子:「何しろタイムにほんとにビックリしています」
寺川:「明日から決勝もありますし」
寺川:「日本チームにもすごくいい流れがきていると思います」
寺川:「明日からの抱負をお聞かせください」
香生子:「ふぁい」
香生子:「えーと、あしたーも」
香生子:「100メートルひら泳ぎの決勝があるので」
香生子:「バター、この波に乗って」
香生子:「あしたはあすたもぐぁんばりたいと思います」

うたうだけで滑舌がよくなるできるよソング

価格:1,728円
(2015/8/8 04:17時点)
感想(0件)



胸に去来する「金がいいですぅ!」「チョーキモチイイ!」「今まで生きてきた中で一番幸せです!」などの面白第一声群。たぶんアレは脳に酸素が行ってないからです。最低限の活動レベルに抑制された脳が、勝利の興奮等々であふれ出る脳内麻薬によってチャンポンハイとなり、レース1時間後なら絶対に言わないだろうことを言わせてしまう。恐るべき競泳の罠です。ウッカリその罠に掛かれば、置いてあるカメラとかをパクッちゃうレベルで脳がアップアップしているのです。

そんな「脳に全然酸素が行ってない状態での、陸揚げ直後の強制インタビュー」という危険地帯において、全部の地雷を順番に踏んでいく大物のたたずまいが香生子ちゃんにはあります。世界水泳でこれなのです。これがもしオリンピックだったなら、何倍もの重圧と注目度、会場の熱気などによって、どこまでも弾けてしまうのではないか。爆発への期待は高まるばかりです。

↓陸揚げ直後の興奮度は競泳陣でも断トツ!2012年日本選手権でのクッソ冷静な鈴木聡美さんと、グッチャングッチャンの香生子ちゃんの対比!


あれ、このときもだいぶグッチャグチャだった気がするのに、今見るとそんなでもないな!

身体は3年ぶん大人になったけど、陸揚げすると全然変わってない!

ちょっと、めまいがするような衝撃です。あの日、涙と喜びでグッチャングッチャンになっていた爆笑インタビューが、今見るとそんな大したことがない。こんなもんか。こんなんだっけ。もっとスゴかったような気がしていたのに、つい最近見たモノが凌駕していくなんて。あのときは高1で、今は大学生で3年も経ってるのに。よりグッチャングッチャンの方向で成長しているなんて。この娘、大丈夫だろうか。

その成長をさらに見せつけてくれたのが7日の女子200メートル平泳ぎ。3レーンで泳ぐ香生子ちゃんは、後半型でありながら序盤から先頭争いに加わります。隣のレーンの実力者たちと比べても一段大きな香生子ちゃんの泳ぎ。ひとかきで大きく進み、まったく慌ただしさを感じさせない。北島康介さんが現役終盤にかけて追求したような、雄大な泳ぎがそこにはありました。

100から150にかけての大きな伸び、さらに150のターンを過ぎ終盤戦に入ると、身体はわずかに先頭に出ます。岩崎恭子さんがバルセロナ五輪の同種目で金メダルを獲得した際の解説も担当した高橋繁浩さんも、声を上ずらせ、勝利へ向かっての応援モードへとシフトします。「やった!」「やりました!」深夜に上がる大きな声。最後は他をまったく寄せ付けない圧勝で、自身初の世界の金メダル獲得です!

↓日本勢の世界水泳通算100個目の金メダルをエースの金メダルで飾った!


リオ五輪の代表にも内定!

今から1年後に向けてじっくり準備できるのは、大きい!

↓そして陸揚げ直後の香生子ちゃんは、始まる前から大泣きでグッチャングッチャンインタビューに臨む!(4分30秒過ぎから)


寺川:「スゴかったねー!」
寺川:「スゴいよ香生子!」
香生子:「ピシュー!!ヒーハー!!」
寺川:「渡部選手、見事狙って獲った金メダルです!」
寺川:「今のレースいかがでしたか!」
香生子:「ふぁりがとうございます!ピシュー」
香生子:「むーすごいぃ、ハッ!びのうからねてるときもぉ」
香生子:「レースのことしかかんがえらんなくてぇ」
香生子:「ピシュー!」
香生子:「ふおんとうにきんちょうしでだんですげどぉ」
香生子:「ぶーーーーーはっはーーー」
香生子:「ピシュー!」
香生子:「ぼーてぶしー」
香生子:「ズルー」
香生子:「ゆうしょうづることができてぇ」
香生子:「ふおんとうにピシューうれしいピシュー」
香生子:「ズルッ」
香生子:「だくさんおうえんしてくでだ人たちにぃ」
香生子:「かんさのきもちでいっばいです!」
寺川:「昨日、星選手がまず金メダルを獲りましたが」
寺川:「その結果を受けて気持ちが」
寺川:「前向きになったんじゃないですか」
香生子:「アー、きのうのっなつみさんの優勝でぇ!」
香生子:「ピシュー」
香生子:「すごいいEEEEしげきにもなったので」
香生子:「フンッ」
香生子:「わたしもそれにづづきたいとおもって」
香生子:「ズー」
香生子:「もうさいごは、ぼんとに死ぬ気で」
香生子:「がんばれつことができたと思います」
香生子:「ハッ」
寺川:「ハイ、では渡部選手コチラをご覧ください」
松岡:「香生子さん、見てて!」
香生子:「ぶはー」
松岡:「行こう!おめでとうございます!!(くす玉割る)」
香生子:「ぶはぁぁぁふっふっ」
松岡:「おめでとう!素晴らしい!」
松岡:「リオ五輪おめでとうございます!」
香生子:「ズー、ズー、ズー」
香生子:「ふぅぅぅぅん」
松岡:「香生子さん、日本人にとって世界水泳100個目のメダル!」
松岡:「そして金メダル!」
松岡:「リオ五輪も決めました!」
香生子:「ふぅぅぅぅぅ!」
香生子:「うっふっふっふっふぇぇぇぇ」
香生子:「だんかバターしんじられないでず!」
香生子:「プシュー!プシュゥゥゥゥッッ!」
松岡:「いやぁ、でも…」
香生子:「ブァンブァンバンバンバンバンバン」
松岡:「香生子さん怖かったでしょ!プレッシャー!」
香生子:「ブウウウウウウウン!プシュー!」
香生子:「ブォォォォォォン!」
香生子:「ずいまぜん……」

↓最終的には、リポートをしながら一緒に泣いていたはずの寺川綾さんが、こらえきれずに横向いて吹き出す!


ダメだろwwwwww本気で笑っちゃwwwwww

しっかり見てあげてwww目をそらさずにwwww

感動で泣きながら吹き出したらダメwwwww

伝わる声の出し方・話し方 [ 飯島晶子 ]

価格:1,620円
(2015/8/8 04:20時点)
感想(6件)



歓喜の表彰式。その中央に立つ、香生子ちゃん。センターポールには日の丸が上がり、通常の1.5倍くらい遅い君が代が、1秒でも長くこの時間を楽しませるかのように流れていきます。胸に輝く金メダルと、それに負けない笑顔の輝き。この光景をリオ、そして東京で見たい。見せてくれるんじゃないか。数々の歴史の中で「期待に応えることの難しさ」を見てきたつもりではいても、なお期待してしまうものがある。今大会の香生子ちゃんは、それだけのものを感じさせる、一流オブ一流のパフォーマンスだったように思います。おそらく400メートルメドレーリレーでは平泳ぎを担当することになると思われますので、最後にもうひとつ、大仕事&プシューブオオオオンを期待したいものですね。

↓なお、女子200メートル平泳ぎは3位同着が3名いるということで、とっても珍しい集合写真となりました!

この歴史的珍事に巻き込まれるっていうのもまた大本番力!

香生子ちゃん、「持ってる」ね!

仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」 日本語のプロが教える「受け答え」の授業

価格:1,296円
(2015/8/8 04:24時点)
感想(0件)



東京五輪で「今まで生きてきて一番幸せ」な日を迎えられますように!