Doctors Me(ドクターズミー)- 夏は貧血に要注意!貧血になりやすいのはどんなとき?

写真拡大

実は夏場は貧血がひどくなりやすい季節です。この貧血とは「鉄欠乏性貧血」であり、立ちくらみを起こしやすい「起立性調節障害障害」と異なり、きちんとした診断と治療が必要となります。

今回はそんな鉄欠乏性貧血の原因と対策について医師に解説していただきました。

女性のほうが貧血になりやすいのは何故?

女性の場合は月経があり、定期的に体外に赤血球が流出します。また、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患がある場合は、経血量が増え貧血になりやすいといえます。さらに妊婦さんは、循環血液量が増え血液が薄まるため、貧血傾向になります。
男性に比べると赤血球の材料である鉄が欠乏した状態となり、鉄欠乏性貧血が起きやすくなるのです。

夏は冬に比べて発汗が多くなる季節です。熱中症対策として、こまめな水分補給や塩分とクエン酸の補充などはずいぶん浸透してきましたが、実は汗には塩分だけではなく鉄分をはじめとするミネラル成分もたくさん含まれているのです。
もともと鉄が足りないところに、汗で体外に出て行ってしまったら貧血は進行するため、特に月経中は注意が必要になります。

男性の鉄欠乏性貧血は非常にまれですが、成長期の若者に起こる事があります。体の成長に造血機能が追いつかない、偏食をしている、部活などで積極的にスポーツをしたくさん汗をかいている、などが原因です。

鉄欠乏性貧血の症状は?

だるい、めまいがする、息が切れる、顔色が悪い、など一見夏バテのような症状のことが多いようです。中には氷をたくさん食べたくなる氷食症になる方もいます。慢性的な経過をとった場合、爪の変形は特徴的でスプーンのような形になります。

また、ご自分で出来る簡単な方法として、下まぶたの結膜をチェックする方法があります。
血管が豊富な場所なので通常は濃いめのピンクから赤ですが、貧血が強くなると白から薄いピンクになります。寝起きなど目の疲れのない時に、鏡の前であかんべをして確認してみましょう。

鉄分&ビタミンCをとって貧血対策を!

鉄分を含む食材を積極的にとることが理想的ですが、レバーを始め肉類などの動物性たんぱく質、海藻、ホウレンソウや小松菜などの野菜には鉄分が豊富に含まれています。

また、ビタミンCは鉄分の吸収を補助するといわれていますので、一緒に食べるとよいでしょう。鉄剤やビタミンCのサプリメントも手軽でよいですね。ただし、貧血が強い場合は鉄剤の服薬が必要になります。健康診断などで要医療と判定が出た場合や、当てはまる症状が多い場合は医療機関にご相談ください。

【医師からのアドバイス】

夏バテと思っていたけれど、実は鉄欠乏性貧血だった! なんて事があるかもしれません。
採血でわかりますので体調が思わしくない時は、早めに検査を受けてくださいね。