キス&カラダ、いつどのタイミングでOKすれば、彼とちゃんと付き合えるの?

写真拡大

開放的な気分になりがちな夏。海や花火の帰りに気になる彼といい雰囲気になったとき、まだ付き合ってないのにキスやセックスを許したら、ワンナイトラブになってしまう危険性はある? 彼と付き合いたい気持ちがある場合、どう振る舞うべきか、恋愛コーチの立川ルリ子さんに聞いた。

「“1回目でキスをして、3回目でセックスしましょう”というルールが書かれた本もありますが、人それぞれなので正解はありません。ただ、はじめてセックスするときは、そのときの流れとシチュエーションを意識することが大切です」(同)

よく、ありがちなのは、お酒の酔いにまかせて勢いでセックス、というパターン。その流れに乗ると、男性はあなたを“軽い女”と思う傾向が。結果、相手にとっての自分の価値が下がって、ワンナイトラブにつながる可能性が高まる。そんなシチュエーションになったら、一度断るのが鉄則だそう。

「ただし、『そういう気分じゃない』などと、バッサリと断るのは彼のプライドを傷つけるのでNG。例えば、キスをした後に、『私もすごくしたいけれど、今日はだめ。後日また改めて誘ってもらえるとうれしい』と伝えましょう。そうすると、相手はもっとあなたを欲するようになるはず。このとき『付き合っている人としかしない』と自分の貞操観念をさりげなくアピールしておくのもよいでしょう」(同)

また男性は苦労せずに簡単に手に入った女性より、ひと手間かかった女性にありがたみを感じて、その後も大切にしてくれる傾向があるとか。そのため、「最初は、美味しいごはんを食べに行ってから、ホテルに行きたいな」などと伝えて、彼が自宅やラブホテルなどのお手軽な選択肢を選ばないように誘導しておくのが得策。

「このときしてはいけないのが、高級なレストランやホテルを具体的に指定すること。“お金がかかる”と思われると彼女候補から外される可能性があるので、カジュアルだけどおいしいレストランや、きれいめのビジネスホテルに行きたいと言ってみましょう」(同)

恋愛は最初が肝心。好きだからすぐに許したい気持ちにフタをして、冷静に行動しよう!

立川ルリ子
恋愛コーチ。25歳よりラウンジを経営、のべ200人以上の接客業の女性たちをコーチングの技術で魅力的に育て上げる。その後ネイルサロン経営に転身。施術中に恋愛相談をすると「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題になり、恋愛カウンセリングが人気に。2011年より定期的に恋愛セミナーを開催。10年で7万人という顧客データをもとにしたアドバイスには定評がある。近著は『「この女に愛されたい」と思われる“彼女”になる方法』(大和出版)、『気のない彼、無理めな彼、マンネリな彼、どんな彼でも自然とあなたに恋する本』(SBクリエイティブ)。女性の恋の悩みを解決する日本最大級のサイト「恋愛ユニバーシティ」にてコラムを執筆中。