■8月特集 リオ五輪まで1年、メダル候補の現在地(2)

 世界水泳選手権競泳5日目、8月6日の女子200mバタフライ決勝。準決勝をトップで通過した星奈津美(ミズノ)は、決勝も最後までスピードが衰えなかった。3位で最後のターンをして、浮き上がってからすぐに先行するふたりを捉えると、ラスト25m手前で単独トップに立った。

 その後はひと掻きごとに差を広げ、2位にあがってきたカミール・アダムス(アメリカ)に0秒84差をつける2分05秒56で優勝。日本競泳女子初の世界選手権の金メダルを獲得するとともに、来年のリオデジャネイロ五輪代表の内定も決まった。

 それでも勝利を喜ぶ姿は控えめだった。星は、「金メダルという重みのあるものを獲れたのはすごく嬉しかったですが、久しぶりに2分5秒台を出せてしっかり優勝できたということでホッとした気持ちでした」と照れくさそうに話す。

 大会に入ってからの星は順調だった。「平井先生に『プルは強くなっているから、ストロークを大きくしてもいける』と、言われていたのでそれを意識して泳いだ」という100mは準決勝で敗退だったが、自己記録を0秒01更新する58秒45で泳いでいた。

 そして200mでも、5日午前の予選は「前半はどのくらいでもいいから、後半の100mは1分5秒台で帰って来い」という平井伯昌(のりまさ)コーチの指示通りに後半を1分5秒75でまとめて、5位通過。予選のあと「前半の100mは1分2秒台だったけど、準決勝では1分0秒台で入りたい。2分6秒台前半を出しておけば決勝でも勝負できると思う」と話していたように、午後の準決勝では想定通りの泳ぎで今季世界ランキング1位のフランチェスカ・ヘントケ(ドイツ)などを抑えてトップ通過を果たした。

「わりと余裕を持って入っての1分0秒台なので、そこはいいんじゃないかなと思います。ここで日本選手権よりいいタイムが出たということは、しっかり調子を合わせられた証拠。ただ、準決勝1位通過は予想外でした」

 平井コーチも準決勝の星をこう評価する。

「本当はレース前に、トップ通過したくないと言っていたんです。奈津美はホワーっとしていて人を和ませてくれる性格だけど、おおらかで服を着替えるのも遅いので、トップ通過してしまうと、レーン紹介で出てくる順番が一番最後になるから、自分の間が十分に保てなくなるので嫌だと。最後はきつかったようだけど、『じゃあ力を出し切るな』と言ったので、出し切っていないと思うんです」

 平井コーチには、準決勝レースで最初の50mが力を使っているストロークに見えたという。それを見て決勝の前には「最初の50mはもう少し遅めになってもいいから、飛び込んでから最初の3ストロークに少し余裕を持っていこう」と話したという。

 その指示通り、決勝で最初の3ストロークを大きくして泳いだ星は、少し遅すぎると感じ、35mからはテンポを上げた。そのために予選や準決勝と同じ19ストロークでは少しだけ届かなくなると思い、詰まった感じで20ストローク目を掻いた。その乱れが影響して次の50mも準決勝より1回多い23ストローク。通過タイムも予定の1分0秒台より少し遅くなる1分01秒06になった。

 だがそんな乱れにも、星は冷静だった。

「自分の中では1分0秒台で入れてるかなと思ったけど、周りの選手もけっこう飛ばしていたので『ここで焦ってはいけないな』という気持ちがありました。勝負は最後の50mだから100mをターンしたあとも少し余力を残しておこうと思っていたけど、周りの選手のペースが思ったより落ちていたので、『このまま捉えていけばいけるかな』というのはその辺りで感じました」

 後半は夢中でストローク数も数えられなかったという星だが、平井コーチの「50m以降の各ラップタイムは32秒台を維持する」という指示通りに泳いで勝負を決めた。「久しぶりの自分の理想とするレースというか、後半を1分4秒台で帰ってこられたのは多分2分04秒69の自己ベストを出したロンドン五輪の年の日本選手権以来だと思うので。前半は少しだけ消極的になったところはあるけど、後半で粘る自分の持ち味を生かせたレースが久しぶりにできたのは良かった」

 こう話す星はプールから上がり、テレビの取材ブースで寺川綾の姿を見つけると涙が流れ出した。

「結局、号泣したままのインタビューになったけど、そこが今までのことを一番思い出した瞬間でした」と苦笑する。

 昨年の11月に持病のパセドー病を完治させるために、甲状腺の全摘出手術をしていた。それはロンドン五輪で銅色だったメダルを、リオ五輪では金色にするためだった。さらに手術後には平井コーチに師事し、萩野公介らの東洋大勢と一緒に練習をするようになっていた。涙が流れたとき、お世話になった医師や、関係者の顔を思い出したという。

「世界選手権の代表になるのは厳しいかなと思っている中で、平井先生にはドンドン強くしてもらって......。先生も今回は気を遣って、あえて金メダルとは言わないでくれていたと思うので、金メダルを獲って恩返しをしたいなという気持ちが密かにありました」と星は語った。

 その夢が実現した一方で、次への厳しい戦いも意識し始めた。早めにリオ五輪内定をもらえたことで、誰よりも早く強化に入れるということは、それを結果につなげる責任感も伴うものであると星は言う。

 そう思う彼女の心の中には、今回の金メダルが運に恵まれたものだという自覚もあるからだ。12年ロンドン五輪と13年世界選手権はともに2位で、昨年は世界ランキング1位だったミレイア・ベルモンテ(スペイン)は肩の故障で欠場し、13年世界選手権3位だったカティンカ・ホッスー(ハンガリー)は多種目に出場していて準決勝で敗退したからだ。さらに中国勢もロンドン五輪優勝の焦劉洋(ショウ・リュウヨウ)や、世界記録保持者で13年世界選手権優勝の劉子歌(リュウ・シカ)はいなくなったが、17歳の張雨霏(チョウ・ウヒ)が今回3位と力を伸ばしてきた。平井コーチも「これで来年も簡単に金を獲れるわけではない。2分03秒台を出さなければ獲れないのではないかと思う」と言う。

「まだまだやれることは沢山あるけど、星は本当に芯が強いですから。みんながクロールでやるメニューを全部バタフライでやるのは本当にきついけど、『よくこんなのができるな』と思うくらい頑張りますよ」と平井コーチも脱帽する星。彼女が心の中に秘める本当の戦いは、この世界選手権の金メダルから、もう始まっている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi