ミーティング内容の明言避けた宇佐美、中国戦に向け「勝って終わる」

写真拡大

 9日にEAFF東アジアカップ2015の最終戦で中国代表と対戦する日本代表は7日、中国・武漢市内でトレーニングを実施。練習後、ガンバ大阪に所属するFW宇佐美貴史とDF丹羽大輝が取材に応じている。

 この日の練習前にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、就任以来最長となる約25分に及ぶミーティングを行った。宇佐美は「内容は話したくないです。事細かに毎回あることなんで、話すことでもないかなと」とミーティングの内容を明かすことを避け、「しっかり勝って終わりたいって気持ちはみんな持ってると思いますし、むしろそういう気持ちがないと相応しくないと思うんで、まあラスト1試合しっかり勝って終われればなと思います」と中国戦に向けて意気込んだ。

 一方、丹羽は「あとはしっかりとトレーニングすることで、レベルは上がっていくから、しっかり練習からやっていこうっていう話はしていましたね。最後の中国戦に勝ちに行くということと、帰国してからの練習が大事になるから、そういうところをしっかり意識してやっていこうと。個人個人のところでそれ(大事になる部分)は違うから、もし何かあれば自分のところに聞きに来てくれと。スタッフもコーチもいるから足りない部分はもし分からなければ何でも聞いてくれって言ってました」と指揮官がミーティングで話した内容を明かしている。

 そして「今日と明日で自分たちのビデオと相手のビデオを見るみたいです。実践形式の練習は明日やるんじゃないですかね。今日はコンディションをしっかりと回復させてって言っていたので」とトレーニング内容についても説明した。