ハリルホジッチ監督のトレーニングにおいて定番と言えるのが、「縦パス」と「パススピード」、「出したら前に走る」という要素が組み込まれたメニューだ。

 縦に並んだ複数のポールのそばに選手が立ち、「縦パス」→「落とし」→「ひとつ飛ばして縦パス」→「落とし」という流れを連続して行ない、選手は出したら前に走って、よどみなくボールと人が動くようにする。狭いエリアで行なわれるメニューもあれば、かなり広いエリアで行なわれるメニューもある。パターンやルールを少しずつ変えながら、指揮官は自らのコンセプトや哲学を選手たちに植え付けていく。

 イラク、シンガポールと対戦した6月シリーズでは、こうしたトレーニングがほとんど毎日と言っていいほど行なわれた。東アジアカップ初戦、北朝鮮戦の前日にも、狭いエリアで素早くボールを縦に入れたら自分も動き、ワンタッチでボールを動かすトレーニングが見られた。

 ところが、韓国戦の前日に、この定番メニューが見られることはなかった。

 代わって行なわれたのは、狭いエリアでショートパスや横パスを意識づけるようなトレーニングだ。北朝鮮戦から中2日で韓国戦を迎えるため、コンディション調整を第一に考えた軽いメニューだったのかもしれないが、北朝鮮戦にスタメン出場した選手たちならともかく、ベンチスタートでそこまで疲労困ぱいではない選手たちも、同じメニューに取り組んだのだ。

 あるいは、韓国戦に臨むにあたってはショートパス、細かい横パスを意識づける意味合いがあったのかもしれない。「縦に速い攻撃」に傾き過ぎている攻撃のバロメーターの針を、ちょうどいいバランスに戻すために――。

 その狙いは定かではないが、たしかなのは、韓国戦前のミーティングで無理してまで縦に急ぐ必要がないことを確認したことだ。こうしたことは、ハリルホジッチ監督が就任してから初めてと言っていい。この日、日本代表デビューを飾ったMF藤田直之が明かす。

「北朝鮮戦ではあまりにも前に行き過ぎたので、『全部それじゃなく、横に散らすときはしっかり散らせ』という指示がありました。そういうところと、前に行くところの使い分けをもっとうまくやっていけたらいいと思います」

 プレーメーカータイプの彼がアンカーに起用されたこと自体、中盤でボールを落ち着かせる狙いがあったことを裏づける。「選手たち同士でも強く意識していた」と説明したのは、センターバックの槙野智章だ。

「縦に速く、というのは監督も言っていますけど、今日はグラウンドの幅をより使うことを意識してやりました。監督の指示でもありましたけど、ピッチ上でも選手たち同士が要求し合っていました。今、何をしなければならないのか、我慢のときなのか。『相手が疲れているから今こそ速く』という声も出ていましたし、選手自身が状況に応じてプレーすることが1試合目よりもできたと思います」

 韓国に主導権を握られ押し込まれた前半で、リズミカルにショートパスをつないで主導権を奪い返したのが、30分過ぎの時間帯だった。

 27分にPKによって先制されてしまったが、そのままガタガタと崩れることなく持ちこたえ、山口蛍や柴崎岳を中心にワンタッチ、ツータッチのパス交換が生まれると、左ウイングに起用された倉田秋のパスから山口がミドルシュートを叩き込んだ。

 その後、右サイドバックに入った遠藤航からの斜めのくさびがFW興梠慎三の懐(ふところ)に収まるシーンも何度か見られ、北朝鮮戦よりも「日本の時間帯」を築く。不運なPKを取られた森重真人が振り返る。

「手に当たってはいますけど、審判には故意か故意じゃないかというところをちゃんと見てほしい。ただ、こうしたアクシデントに見舞われても、チームがバラバラにならずに戦えたのは、1試合目よりもチームとして良くなったところを見せられたと思います」

 しかし、だからこそ、仕留めるべきときには仕留めなければならなかった。指揮官の狙う、最も効率のいい「縦に速い攻撃」で――。

 ベンチ前のクーラーボックスに腰をかけ、戦況を眺めていたハリルホジッチ監督は後半、何度か立ち上がり、ジェスチャーで不満を表した。その多くが速攻のチャンスだったのに、ボールコントロールにもたついたり、パスがズレたりして遅攻に切り替えざるを得なくなった場面だった。相手がアジアだろうが、世界だろうが、遅攻と速攻のメリハリは、ロシア・ワールドカップに向けた3年間の重要なテーマになるはずだ。

 もちろん、いまだに攻撃の形は少なすぎるし、4−2−3−1で臨んだ韓国に合わせるように4−3−3を採用し、立ち上がりの30分間、振り回され続けるなどゲームプランにも疑問が残る。テレビを見ていて、闘志がまるで伝わって来ない、と感じている人もいるかもしれない。

 ただし、現地の暑さは尋常ではなく、試合が終わるころになっても温度計は35度を示しているほどなのだ。ただでさえコンディションに問題のある選手たちが相当疲弊しているのは間違いなく、彼らの不甲斐なさを責められない部分もたしかにある。

 ハリルホジッチ監督が「対アジア」の難しさを学び、柔軟な姿勢を示したのだとしたら、この時期に酷暑の武漢で東アジアカップを戦ったことの意義もある。

 連覇の芽は潰(つい)えたが、中国との最終戦では、まだ出場機会が訪れていないフレッシュな選手たちの躍動する姿を見せてほしい。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi