27年開業予定のリニアモーターカーをいち早く運転!?

写真拡大

タカラトミー(東京都葛飾区)は、ミニチュアリニアモーターカー「リニアライナー 超電導リニアL0系スペシャルセット」を2015年9月19日に発売する。価格は3万5000円(税別)。

「コントロールステーション」で停車・発車、速度表示や音声アナウンスも

回転式モーターや車輪、ギアなどの要素を一切排除した独自開発の「高速磁気センサー」技術を採用。車両に搭載した磁石やコイルと、レールに取り付けられた磁石との反発により、非接触で浮上しながら走行する。車輪とレールの摩擦がないため走行音が静かなのに加え、実際のリニアライナー車両「L0系」の営業運転最高時速と同じ、スケールスピードで500キロを実現した。

付属の「コントロールステーション」は速度感知センサーを搭載し、周回ごとのスケールスピードをモニター表示できるほか、中央レバーで停車・発車をコントロール。また「間もなく列車が発車いたします」「時速500キロ到達」など、車両状況と連動する「音声アナウンス」機能を備える。

車両(4両)1編成、コントロールステーション、レール(ストレート×6、カーブ×8、ハーフ×2)、橋脚×18、トンネル(ストレート、カーブ各1)、陸橋などが付属する。