写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マガジンハウスは8月7日、女性週刊誌「anan」の夏の恒例企画・SEX特集「恋とSEX」を発売した。特別価格580円(オリジナルDVD付録付き)。

この特集は女性誌として、性をとりまく問題をまじめにかつファッショナブルにご紹介してきたことで、毎号大きな反響を得ているという。表紙やグラビアページは、これまでも数々の有名人が飾り話題になったが、今年はKis-My-Ft2の玉森裕太さんが登場。

グラビア「玉森裕太 SENSUAL MEMORY」では、「休日にホテルで官能的な1日を過ごす」というコンセプトのもと撮影を実施。服を脱ぎ捨て、シャワーを浴び、そしてベッドで……。その官能的な瞬間を切り取り、フォトストーリーとして仕上げた。玉森さんは鍛えあげられた肉体をあますことなく披露し、美しくも衝撃的なグラビアとなったとのこと。

この撮影のために、玉森さんは数か月前から加圧中心のボディトレーニングを、さらには3日前から最小限の食事で過ごすといった、アスリートのようなストイックな体作りをして挑み、その結果、彫刻のように美しい色気のある身体を写真におさめることができたという。

肩から背中へと美しい隆起を描くライン、腰の上には小さなえくぼ、そしてお腹にはうっすらとシックスパック。さらに特筆すべきは、引き締まったお尻からスラリと伸びる長い脚。「今の肉体のすべてをさらけ出してくれた玉森さんの姿はファンならずとも、息を呑む美しさです。これまでのキュートな玉森さんのイメージを覆す、大人の男を思わせるセクシーなボディラインと精悍な表情にご注目ください」と同社。

グラビア撮影を終えて玉森さんは、「まだまだ華奢。肩幅だけは広いと言われるんですけど、これは遺伝なのかな。オヤジがずっと水泳をやっていて、カラダが大きい人なので」とコメントしている。